ミスト - 前田有一

スティーブン・キングの原作を変更、凌駕した大傑作(90点)

ミスト

© 2007 The Weinstein Company

 フランク・ダラボン監督とスティーヴン・キング原作のコンビには、「ショーシャンクの空に」「グリーンマイル」という傑作がある。鬼門とさえ言われるほど難しいキング作品の映画化を、ほとんど唯一成功させているのがこの監督なのだ。だから、ファンに人気の中篇『霧』をフランク・ダラボンが手がけたのはある意味必然。そしてその期待に彼は、三たび完璧にこたえた。映画『ミスト』は、必見の衝撃作である。

この映画の批評を読む »

ハンティング・パーティ - 前田有一

ジャーナリスト3人が踏み込んだ先は……(60点)

© 2007 IM Filmproduktions GmbH All Rights Reserved

 チベット問題について一貫して中国批判の態度をとり、積極的に発言もしているリチャード・ギアの日本最新作は、その社会派としての面を強調する作品となった。

この映画の批評を読む »

P2 - 前田有一

OL必見のオフィスビル内閉じ込めサスペンス(70点)

P2

 外敵をシャットアウトする鉄壁のセキュリティの内側に犯人がいた場合、ガードの強さはそのまま脱出の困難さに変貌する。『P2』は、その防犯設備があだとなり、勤め先のビルに閉じ込められてしまう哀れな女の子の話だ。

この映画の批評を読む »

ひぐらしのなく頃に - 前田有一

大ヒット同人ゲームがついに映画化(10点)

 爆発的人気を誇る原作の同人ゲームを未プレイのままこの実写版を見た私は、終映後になってもいったいこの話の何が面白いのか、さっぱりわからなかった。「いや、コレから初めて原作全部(ゲーム8本)やれば面白いんですよ」と映画会社の人はいうが、それならゲームだけやればいいじゃないかと正直思った。

この映画の批評を読む »

靖国 YASUKUNI - 前田有一

靖国神社参拝問題を扱った話題沸騰のドキュメンタリー(0点)

 右翼勢力の妨害行動により一部の映画館が上映を取りやめた件で、「表現の自由の危機」うんぬんを語り大騒ぎしている団体・メディア等は、表現の自由というものを根本的に勘違いしている上、問題の本質について不理解あるいは意図的に隠そうとしている。

この映画の批評を読む »

相棒 -劇場版- 絶体絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソン - 前田有一

東京ビッグシティマラソンで爆弾テロ発生か(30点)

© 2008「相棒ー劇場版ー」パートナーズ

 テレビドラマの映画版について批評するのは難しい。本来テレビのファンだけが楽しみに見るものだから、個人的にはあまりうるさい事は言いたくない。だが映画として評価すれば、たいてい厳しいものになってしまうのは避けられぬ。あらすじと見所だけ書いてお茶を濁せばいいのだろうが、批評家を標榜する以上それもどうかと思う。ようは、どう書いても他人に恨まれるだけで、ろくな事にはならない。私などは、批評家なんぞ嫌われてなんぼと開き直っているから良いが、他の同業者の方はいったいどうしているのだろう。

この映画の批評を読む »

軍鶏 Shamo - 前田有一

親殺しの優等生が、少年院で空手の修行(25点)

 橋本以蔵原作・たなか亜希夫画による、相当変わった格闘技漫画『軍鶏』は、事実上の香港映画としてさらに珍妙な仕上がりとなった。

この映画の批評を読む »

パーク アンド ラブホテル - 前田有一

ラブホテルの屋上にちっぽけな公園が?!(55点)

 カンヌ、トロントに並ぶ世界三大映画祭のひとつベルリン国際映画祭(08年)で、日本人初となる最優秀新人作品賞を受賞した『パーク アンド ラブホテル』は、熊坂出(くまさかいずる)監督の長編デビュー作。

この映画の批評を読む »

少林少女 - 前田有一

フジ&東宝が柴咲コウにすべてをかけた話題作(4点)

少林少女

© 2008 フジテレビジョン/ギャガ・コミュニケーションズ/S・D・P/ROBOT/クロックワークス

 いま日本で一番客を呼べる女優・柴咲コウを主演にすえた『少林少女』は、まぎれもない2008年ゴールデンウイークの目玉。しかし、その出来ばえはまるで、剪定せずに荒れ、伸びきった盆栽。いったいどの方向から見ればよいのかわからず、またどこから見てもどうしようもない。

この映画の批評を読む »

スパイダーウィックの謎 - 前田有一

ゲームブックやファンタジー小説でおなじみのモンスターが(75点)

 『スパイダーウィックの謎』は、やたらと大風呂敷を広げたがるファンタジー映画が多い中、身の程をわきまえた堅実なつくりの好編。小学生くらいの子供たちはもちろん、TRPGやゲームブック世代のファンタジーファンにもすすめられるいくつかの要素を持っている。

この映画の批評を読む »

NEXT -ネクスト- - 前田有一

2分先の未来予知ができる男は核危機を救えるのか?(30点)

NEXT -ネクスト-

© 2007 REVOLUTION STUDIOS DISTRIBUTION COMPANY,LLC ALL RIGHTS RESERVED.

 ニコラス・ケイジ(『シティ・オブ・エンジェル』(98))にしろジュリアン・ムーア(『フォーガットン』(04))にしろ、演技力と存在感を併せ持つスターだというのに、いまだにこの手の迷作珍作またはB級作に出演してくれるというのは、妙におちゃめで好感がもてる。

この映画の批評を読む »

紀元前1万年 - 前田有一

マンモスと人が共存した時代のアドベンチャー(65点)

紀元前1万年

© 2008 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

 バイオリズムがマゾ期に突入しているアメリカ映画界は、愛国プロパガンダの雄ローランド・エメリッヒ監督にさえ、古代アドベンチャーの形を借りて反省ゴメンナサイ映画を作らせるほど絶好調である。

この映画の批評を読む »

大いなる陰謀 - 前田有一

ロバート・レッドフォードらしい社会派政治ドラマ(70点)

大いなる陰謀

© 2007 Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc.

 ここ最近、政治的なアメリカ映画が多いのは、ひとえに今年が大統領選挙の年だから。その意味では、それらの政治映画がことごとくプロパガンダであるという見方は決して間違ってはいない。

この映画の批評を読む »

銀幕版 スシ王子! ?ニューヨークへ行く? - 前田有一

堂本光一が好演「お前なんか、握ってやる!」(20点)

銀幕版 スシ王子! ?ニューヨークへ行く?

© 2008「スシ王子!」製作委員会

 当初から映画版の製作を考え、ドラマ版の内容とも密接な関係を持つ『銀幕版 スシ王子!』。テレビドラマの映画化は数あれど、本作ほど「一見さんお断り」な作品はほかにない。

この映画の批評を読む »

プルミエール 私たちの出産 - 前田有一

出産とはかくも感動的なのか(85点)

 『プルミエール 私たちの出産』は出産ドキュメンタリーだが、撮影しているのはフランスのイケメン監督である。

この映画の批評を読む »

【おすすめサイト】 
Warning: file(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: node name or service name not known in /export/sd09/www/jp/r/e/gmoserver/6/1/sd0158461/cinemaonline.jp/wp-content/themes/blog/sidebar.php on line 80

Warning: file(http://www.beetle-ly.net/linkservice/full_nor/group73): failed to open stream: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: node name or service name not known in /export/sd09/www/jp/r/e/gmoserver/6/1/sd0158461/cinemaonline.jp/wp-content/themes/blog/sidebar.php on line 80

Warning: shuffle() expects parameter 1 to be array, boolean given in /export/sd09/www/jp/r/e/gmoserver/6/1/sd0158461/cinemaonline.jp/wp-content/themes/blog/sidebar.php on line 82

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /export/sd09/www/jp/r/e/gmoserver/6/1/sd0158461/cinemaonline.jp/wp-content/themes/blog/sidebar.php on line 83