バタフライ・エフェクト3/最後の選択 - 前田有一

◆シリーズ一作目に迫る名脚本(85点)

 愛する女を救うため、何度でも過去に戻る男の物語「バタフライ・エフェクト」(04年)は、当サイトでも最高ランクの評価(98点)としたが、実際に見た人たちの満足度もきわめて高い傑作であった。あの映画の何がよかったかといえば、それは誰に聞いても脚本と回答がくる。その脚本家エリック・ブレスは、偶然にも今週公開の「ファイナル・デッドサーキット 3D」の脚本を担当。残念ながら(?)『バタフライ・エフェクト3/最後の選択』は別の人物がストーリーを書いている。

この映画の批評を読む »

仏陀再誕 - 前田有一

悟りにチャレンジ(25点)

仏陀再誕

© 2009 IRH Press

 『仏陀再誕』は、この秋300万人の動員を目標とする、日本アニメーション期待の超話題作である。

この映画の批評を読む »

TO(トゥー) - 前田有一

これぞSFの醍醐味、技術の特性もマッチした傑作(85点)

 『TO(トゥー)』は、すでにレンタル中のオリジナルビデオアニメだが、2009年10月16日に六本木ヒルズの大スクリーンで一夜限りの上映が決まったので、急遽本欄で紹介することにした。

この映画の批評を読む »

ATOM - 前田有一

ぜひ小さい息子さんとご一緒に(90点)

ATOM

© 2009 Imagi Crystal Limited Original Manga c Tezuka Productions Co., Ltd.

 手塚治虫の代表作で、日本アニメの元祖的存在「鉄腕アトム」は、意外だがこれが初の劇場版となる。製作したのは香港発のアニメ制作会社「イマジスタジオ」。そこにハリウッドスターが声を当て、米国では300スクリーン越えの大規模公開、その他50カ国以上で上映が予定されている。日本原産のコンテンツとしては、大本命といってよい話題作である。

この映画の批評を読む »

ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~ - 前田有一

ヒロインはいい女だが、だからこそ男は耐えられない(60点)

ヴィヨンの妻 ?桜桃とタンポポ?

© 2009 フジテレビジョン パパドゥ 新潮社 日本映画衛星放送

 同じ週に公開される『カイジ 人生逆転ゲーム』が新世代のだめ人間を描いているとしたら、『ヴィヨンの妻 ?桜桃とタンポポ?』の主人公は元祖ダメ人間。生誕100年となる太宰治による短編『ヴィヨンの妻』をベースに、他のさまざまな作品の内容を組み込んだ、太宰文学(の中のダメ的側面)集大成のごとき内容となっている。

この映画の批評を読む »

引き出しの中のラブレター - 前田有一

ラジオ好きのための感動群像ドラマ(70点)

引き出しの中のラブレター

© 2009「引き出しの中のラブレター」製作委員会

 ラジオファンにとって、パーソナリティーとは憧れの存在。なまじ声しか聞こえないから、妄想いや想像によっていくらでも膨らませることができる。一家団欒でラジオを囲んで食事する人などいないように、このメディアは出演者と一対一で向き合うような、パーソナル感が最大の魅力である。パーソナリティーとの距離感は、テレビとは比較にならないほどに近い。

この映画の批評を読む »

さまよう刃 - 前田有一

東野圭吾の社会派ミステリを映画化(60点)

さまよう刃

© 2009『さまよう刃』製作委員会

 手元にはあるのだが、あまりの分厚さにいまだ原作を読んでいない。だから映画との違いはわからないが、なんとなく想像がついてきた。というのはすなわち、なぜこの映画がイマイチなのか、という理由についてである。

この映画の批評を読む »

私の中のあなた - 前田有一

見終わったあとに議論がまきおこる(85点)

私の中のあなた

© MMIX New Line Productions, Inc. All Rights Reserved.

 どんなに若くても、女は女。たとえ11歳の子供に見えても、その中には大人をさえうならせるオンナの一片が必ず入っている。

この映画の批評を読む »

カイジ ~人生逆転ゲーム~ - 前田有一

◆「揃いも揃ってクズでござい、って顔してやがる!」(80点)

 福本伸行の漫画は、手軽に人生の極意を学べることで、若い人に大人気だ。独特の台詞回しや擬音、個性的な絵柄など、語るに足る要素を多く備えることから、インターネット上でも共通のネタ基盤として確立されている。『カイジ ~人生逆転ゲーム~』は、その待ちに待った、そして誰もが「無理だろ」と思う実写映画化である。

この映画の批評を読む »

エスター - 前田有一

美少女好きにもすすめたい、衝撃の一本(75点)

エスター

© DARK CASTLE HOLDINGS LLC

 『エスター』は、ある日ロシアから美少女が養子としてやってくるお話である。それはある種の嗜好を持つ人にとっては特に素敵な状況であろうが、正直なところ、そういう人にもぜひ本作を見てほしい。その理由は、いすから転げ落ちたついでに床をも突き破る、常識はずれの衝撃的結末をみればすぐにわかる。

この映画の批評を読む »

斬撃 ZANGEKI - 前田有一

というか、ゾンビハンターの存在理由はあったのか?(10点)

斬撃 ZANGEKI

© 2008 WORLDWIDE SPE ACQUISITIONS INC. ALL RIGHTS RESERVED.

 今週は沈黙シリーズ最新作「沈黙の逆襲」も同日公開されるという、ファン大喜びのセガール祭り。この『斬撃 ZANGEKI』の配給会社も、同様に男性向けアクション作品でウェズリー・スナイプス主演の「アート・オブ・ウォー2」をペアにして、さかんに宣伝している。ただ、彼らほどのアクションスターが、いまや抱き合わせ販売のようになっているとは、どうにもさびしい。

この映画の批評を読む »

あの日、欲望の大地で - 前田有一

邦題はエロドラマみたいだし、公式資料はネタバレときた(80点)

あの日、欲望の大地で

© 2008 2929 Productions LLC, All rights reserved.

 白身魚フライなど、他のおかずが充実していながら「のり弁当」などと控えめに自称する、ほか弁人気メニュー並に良心的な当サイトではそんなことはないが、他メディアによる『あの日、欲望の大地で』の映画紹介には、重度のネタバレが含まれる可能性があるので注意が必要だ。

この映画の批評を読む »

ココ・アヴァン・シャネル - 前田有一

シャネル純正なのにいまひとつ(35点)

ココ・アヴァン・シャネル

© Haut et Court – Cine@ – Warnerbros. Ent. France et France 2 Cinema

 8月8日に日本公開したばかりの『ココ・シャネル』(アメリカ/イタリア/フランス、08年)に続く、シャネル映画第二弾。なんといってもこちらはシャネル社が全面協力し、イメージキャラクターのオドレイ・トトゥを主演にした、一連の当ブランド映画の中でも本命。しかしどうしたものだろう、もっとも力が入っているはずの本家版の、このたよりなさときたら。

この映画の批評を読む »

ドゥームズデイ - 前田有一

ノーテンキ世紀末アクション(70点)

ドゥームズデイ

© ROGUE PICTURES

 『ドゥームズデイ』は、モヒカン刈りに肩パットをつけてヒャッハー! の世界をあますところなく映像化した痛快アクション劇である。

この映画の批評を読む »

カムイ外伝 - 前田有一

スタッフの人選を誤ったか(30点)

カムイ外伝

© 2009「カムイ外伝」製作委員会

 劇画作家・白土三平の代表作『カムイ伝』シリーズは抜群の知名度を誇るベストセラーコミック。その原作から部落差別など社会派的要素をそぎ落とし、痛快アクションとして作られたこの実写版も、大きな期待を寄せられている。

この映画の批評を読む »

【おすすめサイト】 
Warning: file(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: node name or service name not known in /export/sd09/www/jp/r/e/gmoserver/6/1/sd0158461/cinemaonline.jp/wp-content/themes/blog/sidebar.php on line 80

Warning: file(http://www.beetle-ly.net/linkservice/full_nor/group73): failed to open stream: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: node name or service name not known in /export/sd09/www/jp/r/e/gmoserver/6/1/sd0158461/cinemaonline.jp/wp-content/themes/blog/sidebar.php on line 80

Warning: shuffle() expects parameter 1 to be array, boolean given in /export/sd09/www/jp/r/e/gmoserver/6/1/sd0158461/cinemaonline.jp/wp-content/themes/blog/sidebar.php on line 82

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /export/sd09/www/jp/r/e/gmoserver/6/1/sd0158461/cinemaonline.jp/wp-content/themes/blog/sidebar.php on line 83