テコンV - 前田有一

◆竹島防衛キャンペーンなんかに利用しなきゃ可愛げがあるのだが(60点)

 「あんなオトコ大嫌いよ」といいながら、別れた男の影響を受け続ける女性がたまにいる。音楽の好みだったり、服装のセンスだったり、あるいは性癖だったり。嫌よ嫌よといいながら、高いプライドと自己愛の結果、影響を受けた自分を変えられない。日本と韓国の関係は、そんな滑稽な男女関係に似ている。

この映画の批評を読む »

ヒックとドラゴン - 前田有一

ヒックとドラゴン

© 2009 by PARAMOUNT PICTURES. All Rights Reserved.

◆文句のつけようのない横綱相撲(97点)

 『ヒックとドラゴン』は、いくらほめてもたりないほどの傑作であるが、それは様々な要素が高いレベルで融合された、すなわち完成度の高さによるもの。何かが突出して良いのではなく、すべてがハイクオリティ。まさに死角のない横綱。事件前の朝青龍みたいなものである。

この映画の批評を読む »

シルビアのいる街で - 前田有一

◆好きな女性を思うと何も手につかない男性にすすめたい(60点)

 仕事すら手につかない状態になるほど、誰かを好きになる人がいる。

この映画の批評を読む »

ヒックとドラゴン - 町田敦夫

ヒックとドラゴン

© 2009 by PARAMOUNT PICTURES. All Rights Reserved.

◆年齢層に応じて楽しめる感動の3Dアニメ(70点)

 『シュレック』や『マダガスカル』で知られるドリームワークス・アニメーションの最新作。バイキングとドラゴンが壮絶な戦いを繰り広げていた時代を舞台に、マッチョなバイキング文化から浮きまくりの少年と、傷ついて飛べなくなったドラゴンとの、心温まる交流と冒険が描かれる。

この映画の批評を読む »

ベスト・キッド - 岡本太陽

ベスト・キッド

◆「ジャケットかける、ジャケットとる」?(70点)

 「ワックスかける、ワックスとる」ではなく、「ジャケットかける、ジャケットとる」になった84年のリメイク版『ベスト・キッド(原題:THE KARATE KID)』。物語の舞台も中国・北京に移し、異国の地で12歳のアメリカ人の主人公ドレ・パーカー(ジェイデン・スミス)は“カンフー”に魅せられる。「え、空手じゃないの?」と疑問を抱く人も少なくないだろうが、物語の中で主人公の母親が言う様に、そのあたりの事情は「Whatever(どうでもいい)」なのだ。

この映画の批評を読む »

キャタピラー - 小梶勝男

◆江戸川乱歩の「芋虫」をモチーフにした、若松孝二監督らしいエロティックで幻想的、かつ政治的な反戦映画。戦場で四肢を失って帰ってきた男の妻を演じる寺島しのぶが、ベルリン国際映画祭で最優秀女優賞を受賞した(80点)

 主演の寺島しのぶが、ベルリン国際映画祭で日本人として35年ぶりに最優秀女優賞を受賞した話題作だ。監督はかつて、ピンク映画の巨匠と呼ばれ、その後も政治的な作品を発表し続ける若松孝二。本作も若松監督らしい、エロスと権力への怒り、反戦思想が結びついた奇怪で刺激的な作品だ。

この映画の批評を読む »

【おすすめサイト】           

 

<body bgcolor="#ffffff" text="#000000"> <a href="http://seo.spiderman-costumes.net/?fp=tXqBHqSlW13pUVIWY8czvZmvKIBQ8B5iSYn2e7w%2BnNclseZ7w0ryqm9uc0ezlZzN6mkiP%2FHK8IG6BncQXDXAnfbHaBZSc1qwka3UkeziwJR%2FIBlWqY3hiIrhr8CaJE9BqUsMfFffB9bEQYVHGlNL%2BdA4XIdvWpbB5IhGWBVqY0y0rDwuHf3xJtbB0%2BgtirrR&prvtof=PDhEO690PMeRfDgcRoiSfM6rV17lkoG%2BXeApQ6gwlh4%3D&poru=EU%2FAdGbDYcMgDjEYWJO%2FAAA6aTYSE49S5cSO6IkEhPD6es6WsIm0YP4FbrjVK9ctn4StMOhaur%2FyW9t%2FrhAKqRRndeSUAHSKKc8pK4FYKww%3D&type=link">Click here to proceed</a>. </body>