座頭市 THE LAST - 小梶勝男

座頭市 THE LAST

© 2010「座頭市 THE LAST」製作委員会

◆SMAPの香取慎吾が座頭市に挑戦した意欲作。人間味のあるリアルな座頭市像を作ることには成功しているが、仲代達矢や倍賞千恵子らの大芝居が浮いていて、非常にバランスが悪い作品になってしまった(66点)

 座頭市といえば、何といっても勝新太郎だろう。ビートたけしも演じたし、やや変則的なものとしては、綾瀬はるかが女座頭市に扮した曽利文彦監督の「ICHI」(2008)がある。その他、山田誠二監督「新怪談残虐非道・女刑事と裸体解剖鬼」(2004)のゾンビ市(橋本和博)、高橋洋監督の地下映画「ソドムの市」(2004)の俎渡海市兵衛(浦井崇)なども、座頭市の変奏曲だ。日本映画だけではない。「ブラインド・フィーリュー」(1989)のルトガー・ハウアー、さらに最近の米国映画(タイトルを書くとネタバレになるので書かない)にも、座頭市的なキャラクターは登場する。盲目の居合い斬りの達人は、あまりに強烈で魅力的なキャラクター故に、様々に作り手の創造力を刺激するのである。

 その中で、実力派の阪本順治監督とSMAPの香取慎吾が、どのような座頭市像を作り上げたのか。結論から言うと、実によくやったと思う。これまでとはまるで違う、新たな座頭市を創造することに成功している。

 座頭市は化物じみたスーパーヒーローで、圧倒的に強かった。勝新太郎は爪楊枝を吹いて飛んでいる蠅に命中させ、ビートたけしは石灯籠も真っ二つに斬ってしまう。人間業ではない。居合の技だけではなく、精神面も強い。正義感はあるが、ある意味、冷酷非情。もちろん例外はあるが、弱みをほとんど見せず、迷いがない。

 香取慎吾が演じた座頭市は、意外に弱い。その殺陣は居合というより、市川崑が「木枯し紋次郎」シリーズで見せたような、ヤクザの戦い方に近いのだ。走り、転げまわって逃げつつ、ある程度自分が斬られることで相手との距離を測りながら、刀を振るう。実にリアルだ。阪本順治はこうしたリアルな殺陣の特徴を生かすよう、山中の斜面など、わざと足場の悪いところでアクション場面を展開している。香取慎吾はそれによく応えている。

 そして、今回の座頭市は、孤独なさすらい人ではない。タネ(石原さとみ)と結婚もするし、故郷に戻れば友達(反町隆史)もいる。「生活者」としての面を見せる。勝新太郎に代表されるこれまでの座頭市は、決して普通の暮らしができない「異端者」だった。それ故の強さも、弱さもあったのだが、本作では、生活者としての強さや弱さが、きちんと描かれている。

 山形県庄内地方の自然の美しさや、そこに作られた山村のセットの見事さ。見どころはたくさんある。だが、詩的でリアルな世界を構築する一方で、それをぶち壊すような、奇怪が場面があるのが残念だ。

 仲代達矢、倍賞千恵子といったベテラン勢の演技が、いかにも大芝居で、香取慎吾のリアルな座頭市像とまるで合っていないのだ。仲代達矢が演じたヤクザの親分は、何がやりたいのかよく分からないし、倍賞千恵子の農家の母親に至っては、セリフにいちいち意味があるようで、実際にはまるでない。脚本が悪いのか、役者が悪いのか、演出が悪いのかよく分からないが、何ともチグハグな印象だ。

 斬られて死にかけている人間が、なかなか死なず、そこにいろんな人が順番にやってきて、ひとしきり嘆いて悲しみを表現しつつ、延々とセリフを続ける。その間、悪者たちは全く嘆き合っている人たちに関心を持たない。そんな田舎芝居じみた演出が、せっかくリアルに作り上げた世界を、ガラガラと崩していく。香取慎吾は良かったが、映画は失敗という結論にならざるを得ない。

小梶勝男

【おすすめサイト】