TOKYO JOE マフィアを売った男 - 佐々木貴之

◆証言がまさにリアル(50点)

ン・エトー。彼の伝説的な実像を、元FBI特別捜査官のエレイン・スミスらの証言をもとに浮き彫りにする和製ドキュメンタリー。

 エトーは、シカゴマフィアの裏切りによって頭部に3発の銃弾を喰らった。それでも奇跡的に助かったのである。マフィア、ギャングによる殺人は、シカゴだけでも1000件以上と言われ、命が助かったことは誰一人いなかったのである。エトーが助かったことは実に珍しすぎるケースなのである。エトーの頭部には銃弾が喰い込んでおり、その衝撃的な写真資料は観る者を震撼させ、記憶に残り続けることとなるだろう。

 この事件以降、エトーは自身を裏切った復讐としてFBIに協力し、厳重な保護プログラムのもとで次々とマフィアの極秘ネタを告発していく。これによってシカゴマフィアは壊滅へと追い込まれ、マフィア連中を筆頭に癒着していた警察関係者や政治家が続々と逮捕され、その数はなんと33人にも及んだ。マフィアの世界でトップクラスまでのし上がり、恐れられていたエトーは、FBI側に寝返ってからもこのような凄まじい伝説を残してくれたのである。

 インタビューはエレイン・スミスの証言が主軸であるが、エトーの実弟(顔が見えにくい)、息子も応じており、その証言がまさにリアルでエトーの人物像がさらに掘り下げられる。

 エトーの人生は、まさに波乱万丈で映画やTVドラマの主人公のようにドラマチックであった。

佐々木貴之

【おすすめサイト】