TAJOMARU - 小梶勝男

◆芥川龍之介「藪の中」を「SFサムライ・フィクション」の中野裕之監督が映画化。時代劇に舞台を借りた現代劇だが、何をやりたいのかよく分からない失敗作となった(49点)

 芥川龍之介の小説「藪の中」の映画化では、黒澤明「羅生門」(1950)、三枝健起「MISTY」(1997)などが思い浮かぶ。本作は同じ「藪の中」を原作としながら、この2作とは全く違う独自のストーリーを展開している。

 室町末期。名門・畠山家の次男に生まれながら盗賊・多襄丸となった直光(小栗旬)と、その許嫁の阿古姫(柴本幸)、直光の地位を狙う家臣の桜丸(田中圭)らの数奇な運命を描く。

 本質は時代劇の舞台を借りた現代劇なのだろう。直光と阿古姫の恋愛映画と言ってもいい。監督は中野裕之監督。「SFサムライ・フィクション」ではあえて「フィクション」とタイトルを付けている通り、ロックン・ローラーの布袋寅泰を主役に迎え、時代劇を現代劇風に描くことによって成功していたと思う。続く「RED SHADOW 赤影」では、時代劇を青春映画のように演出したのだが、方向性を間違えて忍者のコスプレ大会になってしまった。

 成功と、失敗の後の本作。残念ながら失敗としか言いようがない。何をやりたいのか、全く分からない作品になってしまった。

 冒頭の子供たちの演技がひどいのは仕方ないとしても、現代劇風な小栗旬の演技に対し、松方弘樹がなぜか歌舞伎のように大仰だ。死ぬ間際に延々とセリフをしゃべってなかなか死なないのにも違和感を覚えた。松方と、小栗ややべきょうすけの演技の方向性が噛み合っていない。

 運命に抗って生きる男の物語としても納得はできなかった。名家の次男から盗賊へ身を落とした男がまるで変わって見えてこそ、男の心境の変化や、畠山家の人間なのか盗賊なのかを詮議するお白洲の場面がリアルに思えてくるのだが、小栗が変わったように全く見えないため、まるで説得力がない。また、伝染病にかかった病人が落とされる死の谷がどれだけ深いのか分からないが、かなりの距離を落ちても直光も阿古姫も死なない。そこから抜け出すのに、偶然に鎖が下りてくるという、余りにも都合の良い展開。だんだんとついていけなくなってくる。

 萩原健一や本田博太郎の堂に入った芝居、幻想的な美術など、優れた点もあったが、時代劇を現代劇風に見せようとする場面が、「新感覚」ではなく、時代劇になりきれなかった、単に安っぽい場面に見えてしまった。

小梶勝男

【おすすめサイト】