P2 - 渡まち子

このリアルな怖さは近年でも稀だと思う。(65点)

 このリアルな怖さは近年でも稀だと思う。タイトルのP2とは地下2階駐車場の意味。深夜のビルの駐車場で孤独な変質者に拉致・監禁されたヒロインが、決死の脱出を試みる。大都会の死角に狂気が潜むという設定と、怯えながらも知恵と勇気で犯人と戦う姿がいい。ただし残酷シーンはかなり強烈だ。脚本のアレクサンドル・アジャは仏で大人気のホラーの旗手。容赦ない暴力描写にもセクハラや盗撮など、社会情勢への警鐘が透けて見える。

P2 - 前田有一

OL必見のオフィスビル内閉じ込めサスペンス(70点)

P2

 外敵をシャットアウトする鉄壁のセキュリティの内側に犯人がいた場合、ガードの強さはそのまま脱出の困難さに変貌する。『P2』は、その防犯設備があだとなり、勤め先のビルに閉じ込められてしまう哀れな女の子の話だ。

この映画の批評を読む »

【おすすめサイト】           

 

Error. Page cannot be displayed. Please contact your service provider for more details. (12)

404 Not Found

Not Found

The requested URL /get/index.php was not found on this server.

Additionally, a 404 Not Found error was encountered while trying to use an ErrorDocument to handle the request.