MW-ムウ- - スタッフ古庄

◆ちょっと腐女子が喜びそうな図(50点)

 手塚治先生の作品「MW-ムウ-」。

 生々しい性描写や猟奇的殺人場面が描かれており、子供の目にさらすことのできない手塚作品の一つ。(作品紹介)だそうです。。

この映画の批評を読む »

MW-ムウ- - 福本次郎

身代金の入ったカバンを抱えた男がバンコクの雑踏を走り回る。犯人は手の込んだトラップを仕掛け、警察をまいた上にカネを手に入れる。熱のこもった映像で疾走する導入部分は、畳み掛けるようなテンポで見るものを魅了する。(40点)

MW-ムウ-

© 2009 MW PRODUCTION COMMITTEE

 身代金の入ったカバンを抱えた男がバンコクの雑踏を走り回る。犯人は手の込んだトラップを仕掛け、警察の追っ手をまいた上にまんまとカネを手に入れる。手に汗握る警察と誘拐犯の知恵比べ、高架電車と自動車のチェイス、バイクで逃げる男を走って追いかけるなど過去の名作のワンシーンを髣髴させるような熱のこもった映像で疾走する導入部分は、畳み掛けるようなテンポで見るものを魅了する。しかし、まるでそこで力尽きてしまったかのように、舞台を日本に移してからの物語はまったく精彩を失ってしまう。

この映画の批評を読む »

MW-ムウ- - 渡まち子

懸命にワルを演じる玉木宏が痛々しい(45点)

MW-ムウ-

© 2009 MW PRODUCTION COMMITTEE

 日本が誇る漫画家・手塚治虫の偉大さは確認できても、映画化が成功したとは言い難い。物語は、16年前、ある島の島民全員が死滅した事件を発端に、生存者の壮絶な復讐と、鍵である謎の物質“ムウ”による世界滅亡の危機を描くものだ。話は荒唐無稽だが、善も悪もなく次々に命を落とす登場人物たちに、冷酷な殺人者・結城のどす黒い怒りを感じる。

この映画の批評を読む »

MW-ムウ- - 前田有一

天国で原作者が泣いている(20点)

MW-ムウ-

© 2009 MW PRODUCTION COMMITTEE

 今年の夏は、邦画の話題作がたくさん登場する。『アマルフィ』や『ごくせん THE MOVIE』『蟹工船』等々、とても華やかだ。

この映画の批評を読む »

【おすすめサイト】           

 

Error. Page cannot be displayed. Please contact your service provider for more details. (15)

404 Not Found

Not Found

The requested URL /get/index.php was not found on this server.

Additionally, a 404 Not Found error was encountered while trying to use an ErrorDocument to handle the request.