Genius Party ジーニアス・パーティ - 渡まち子

(70点)

 STUDIO4°Cの下に集まった7人のアニメ作家によるオムニバス映画。現在の日本製アニメの作風のカタログ的雰囲気がある。SFあり、不条理話あり、切ない青春物語ありでバラエティに富むが、アート系寄りなので万人受けは難しい。物語は渡辺信一郎の「BABY BLUE」が好きだが、湯浅政明作品「夢みるキカイ」が抜きん出ておもしろ味がある。シリーズ化も決定。期待したい。

Genius Party ジーニアス・パーティ - 前田有一

日本アニメの魅力がつまったオムニバス(70点)

 短編を集めたオムニバスという形式は、全部が好みでなくとも楽しめるという点で、飽きっぽい人に向くと私は思っている。たとえ興味がなくとも15分待てば次が始まるのだ。120分間苦痛が続く可能性がある長編作品を見るよりは、圧倒的にリスクが少ない。

この映画の批評を読む »

【おすすめサイト】   $("body.tokyo header").fitText(5, { minFontSize: '10px', maxFontSize: '80px' });  $("body.blackboard .after-host").fitText(3, { minFontSize: '10px', maxFontSize: '100px' });   $("body.blackboard .host").fitText(2.2, { minFontSize: '10px', maxFontSize: '100px' });   " style="font-size: 10px;">       " style="font-size: 10px;">     " style="font-size: 10px;">  $("body header").fitText(5.6, { minFontSize: '8px', maxFontSize: '24px' });          " style="font-size: 10px;">