BUG/バグ - 渡まち子

低予算ホラーと舞台劇の映画化の悪いところがすべて出ている(35点)

BUG/バグ

© MMVII Lions Gate Films Inc. All Rights Reserved.

 低予算ホラーと舞台劇の映画化の悪いところがすべて出ている。孤独な女性アグネスは、恋人ピーターの「自分の体内に虫がいる」との言葉から、次第に狂気と妄想の世界へと取り付かれていく。この密室心理劇では、虫は一瞬顕微鏡で映るだけ。名手フリードキンならパラノイアという素材をもっと上手く使えるはずだ。結論が出ないのはまだしも、エンド・ロールの後の意味不明のシーンなど思わせぶりなマネはやめてほしい。妄想する恋人にどこまでつきあえるかという、ディープなラブ・ストーリーとして見るしかなさそうだ。

BUG/バグ - 前田有一

虫が体内に入る妄想にとりつかれた男の崩壊過程(60点)

BUG/バグ

© MMVII Lions Gate Films Inc. All Rights Reserved.

 妄想と現実の境目はどこにあるのか。マトリックスの仮想現実を人々は本物と信じ過ごしたように、信じるものにはたとえ幻でも主観的には現実との差異はない。三枚目の男性でも、恋人の目にはハンサムな王子様に映るのだ。その様子は幻(現実?)の外側の人間にとっては、どこか滑稽だったりする。

この映画の批評を読む »

BUG/バグ - 岡本太陽

虫が体の中で血液を餌に増殖しているという妄想が狂気を呼ぶ衝撃的作品(75点)

BUG/バグ

© MMVII Lions Gate Films Inc. All Rights Reserved.

 舞台『Killer Joe』のヒット等で知られるトレイシー・レッツ。彼の演劇では登場人物が必ず死ぬか裸になる事で有名だ。2004年2月にオフ・ブロードウェイの舞台としてオープンした『BUG』も彼による作品で、この舞台は観客に衝撃を与えた。そのトレイシー・レッツの舞台が映画になって2007年にアメリカで公開された。映画版『BUG/バグ(原題:BUG)』にはアシュレイ・ジャッド、ハリー・コニック・Jr.、マイケル・シャノン等の俳優達が集った。

この映画の批評を読む »

【おすすめサイト】           

 

Error. Page cannot be displayed. Please contact your service provider for more details. (19)

404 Not Found

Not Found

The requested URL /get/index.php was not found on this server.

Additionally, a 404 Not Found error was encountered while trying to use an ErrorDocument to handle the request.