BOY A - 福本次郎

いくら清算したつもりでも執拗に追いかけてくる過去と、容赦なく降りかかる偏見。映画は主人公の希望が絶望に変わっていく過程を通じて、人の命を奪うことで負わなければならない運命と、人が人を裁くこと赦すことの難しさを問う。(70点)

© Cuba Pictures(Boy A) Limited 2007

 いくら清算したつもりでも、執拗に追いかけてくる過去。法的にはきちんと償い、まともな人間としてやり直そうとしているのに、世間は決して忘れない。心を開いた友人も、せっかくできた恋人も、親切にしてくれていた大人たちでさえ、事実を知ると手のひらを返したように離れていく。人倫を踏み外した青年が再びもとのレールに戻ろうとしたとき、容赦なく彼に降りかかる偏見。映画は主人公の希望が絶望に変わっていく過程を通じて、人の命を奪うことで負わなければならない運命と、人が人を裁くこと赦すことの難しさを問う。

この映画の批評を読む »

BOY A - 岡本太陽

14年間の刑期を終え出所した24歳の青年に起きる悲劇を描く物語(75点)

© Cuba Pictures(Boy A) Limited 2007

 例えば、殺人で刑務所に入れられていた人が出所した場合、その人に対しどういう感情を抱くだろうか。嫌悪感を丸出しにするか。何事もなかったかの様に接するか、それとも関わりを持たない様にするか。そういった疑問に対し、淡々と物語を綴る映画がイギリスからやって来た。その映画『BOY A』はイギリスの小説家ジョナサン・トライゲルの同名小説を映画化した作品で、2007年のトロント映画祭でプレミア上映された。

この映画の批評を読む »

【おすすめサイト】           

 

Error. Page cannot be displayed. Please contact your service provider for more details. (1)

404 Not Found

Not Found

The requested URL /get/index.php was not found on this server.

Additionally, a 404 Not Found error was encountered while trying to use an ErrorDocument to handle the request.