3時10分、決断のとき - 前田有一

男性こそ見るべき、現代の西部劇(70点)

3時10分、決断のとき

© 2007 Yuma, Inc. All Rights Reserved.

 「決断の3時10分」(57年)を07年にリメイクした本作は、好評ではあったが公開がかなり遅れた。西部劇の新作じたいほとんど見られない昨今、日本で劇場公開されたことだけでも御の字といったところか。西部劇で映画の楽しさを知った身としては、少々寂しい気もする。

この映画の批評を読む »

3時10分、決断のとき - 福本次郎

守るべきものは家族か名誉か。囚人護送を請け負った男が、命より大切なものがあることを、身をもって息子に伝えていく。駅馬車、銃撃戦、裏切りと騙しあい、汗と埃にまみれたガンマン・・・。本格的な西部劇の風格を備えた作品だ。(70点)

3時10分、決断のとき

© 2007 Yuma, Inc. All Rights Reserved.

 守るべきものは家族の生活なのか己の名誉か。カネために囚人の護送を請け負った主人公が、命より大切なものがあることを、身をもって息子に伝えていく。さらに正義を振りかざす男たちの浅薄さと、悪党でありながら人間の真実により近い男との交流を通じて、混迷する価値観の中では何が一番大切かを問う。ヒーローでもアンチヒーローでもない、ただ、1人の男が変わらぬ信念と誇りを持って生きたといえる人生を取り戻すまでの過程が、荒涼とした風景の中で展開する。疾走する駅馬車、派手な銃撃戦、裏切りと騙しあい、汗と埃にまみれたガンマン・・・。久々に本格的な西部劇の風格を備えた作品だ。

この映画の批評を読む »

3時10分、決断のとき - 渡まち子

勧善懲悪ではない複雑な面白さがある異色西部劇。オリジナルに比べアクション度がアップした。(70点)

3時10分、決断のとき

© 2007 Yuma, Inc. All Rights Reserved.

 妻と二人の息子と共に牧場を営むダン・エヴァンス。借金が返せず生活が困窮したため、強盗団のボスを護送する仕事を引き受ける。最初は報酬が目当てだったが、ダンは男の誇りをかけ、この危険な仕事をやり遂げる決意をする…。

この映画の批評を読む »

3時10分、決断のとき - 町田敦夫

◆ハリウッドの乱暴者同士が久々の西部劇で共演(80点)

 エルモア・レナード原作の西部劇『決断の3時10分』(57)のファンだったというジェームズ・マンゴールド監督が、半世紀越しでリメイクを実現させた作品。故意か偶然か、ともに暴力沙汰で世間を騒がせたことのあるラッセル・クロウとクリスチャン・ベイルが、本作で初めての共演を果たした。

この映画の批評を読む »

3時10分、決断のとき - 岡本太陽

No.1ウエスタンムービー。ラッセル・クロウ、クリスチャン・ベール主演(70点)

3時10分、決断のとき

© 2007 Yuma, Inc. All Rights Reserved.

 全米で週末の興行収入No.1を記録したウエスタンムービーがある。『3時10分、決断のとき』がそのタイトルだ。ウエスタンムービーは格好いいけれど、いまいち好きではなかった上に、前からあまり好きではなかった俳優ラッセル・クロウが主演という事で、期待はしていなかったのだが、わたしの大好きなクリスチャン・ベールがダブル主演ということでチェックがてらに観に行った。

この映画の批評を読む »

【おすすめサイト】           

 

Error. Page cannot be displayed. Please contact your service provider for more details. (9)

404 Not Found

Not Found

The requested URL /get/index.php was not found on this server.

Additionally, a 404 Not Found error was encountered while trying to use an ErrorDocument to handle the request.