1978年、冬。 - 渡まち子

まるで冬枯れの風景画のような映画(65点)

 まるで冬枯れの風景画のような映画である。だがそこににじむ悲しみこそが中国現代史の記憶だ。文革が終わりを告げた 1978年、中国の田舎町で出会った、都会から来た少女と地元の青年の淡い恋を、青年の幼い弟の目を通して描く物語。クローズアップをいっさい使わず、セリフも最小限。登場人物は皆、深い孤独を抱えているが、それがそのまま負のテイストにならないところがこの映画の個性だ。控えめに使われた音楽が効いている。

【おすすめサイト】 $("body header").fitText(5.6, { minFontSize: '8px', maxFontSize: '24px' });  

         " style="font-size: 10px;">    

   $("body.blackboard .host").fitText(2.2, { minFontSize: '10px', maxFontSize: '100px' });     " style="font-size: 10px;">  
    " style="font-size: 10px;">        --> " style="font-size: 10px;"> $("body.sketchbook header").fitText(3.2, { minFontSize: '10px', maxFontSize: '80px' });      " style="font-size: 10px;">  " style="font-size: 10px;">