007/慰めの報酬 - 前田有一

スッキリしない007最新作(50点)

007/慰めの報酬

 長年続いたシリーズキャラクターが変更になると、何はともあれ当初は批判の嵐となる事が多い。前の人が愛されていた場合はなおさらだ。最近の例を挙げれば、NHK朝の子供番組で、歴代お姉さん史上有数の歌唱力と美貌、そして画力をそなえたはいだしょうこが番組を卒業したときがそうであった。

この映画の批評を読む »

007/慰めの報酬 - 福本次郎

もはや何が正しくて誰が味方なのか判然としない。MI6にもCIAにも内通者がいる現状では、信じられるのは己の良心のみ。恋人を失った悲しみがその暴走を加速させ、強靭な肉体と精神は殺した人間の数だけ傷つき薄汚れていく。(80点)

007/慰めの報酬

 もはや何が正しくて誰が味方なのか判然としない。善と悪の境目が限りなく曖昧になった現代、007自身も女王陛下や国家の安全保障のために命を張っているわけではない。MI6にもCIAにも敵の内通者がいる現状では、信じられるのは己の良心のみ。愛するものを失った悲しみがその暴走を加速させる。接触してきた相手をことごとく排除する殺人マシーンとなってもボンドは信念を曲げず、強靭な肉体と精神は殺した人間の数だけ傷つき薄汚れてしまう。その姿は価値観が混迷する時代には正義とヒーローは両立し得ないということを如実に物語る。

この映画の批評を読む »

007/慰めの報酬 - スタッフ古庄

◆男は、無口な方がモテる?(85点)

 永遠のおじ様ヒーロー♪ジェームズ・ボンド!

 6代目を継承したのは、ダニエル・グレイク♪

この映画の批評を読む »

007/慰めの報酬 - 渡まち子

シリーズ初の続編はボンドの心の葛藤がテーマ。007に何を求めるかで評価が変わる。(70点)

007/慰めの報酬

 愛した女性ヴェスパーの裏切りと死に傷ついたジェームズ・ボンドは、彼女の死に係わる悪の組織の存在を知ることに。それは南米の某国政府の転覆と天然資源の独占をもくろむ世界支配の陰謀だった…。

この映画の批評を読む »

007/慰めの報酬 - 岡本太陽

悲劇の主人公ダニエル・クレイグ版ジェ竏茶?ズ・ボンド(55点)

007/慰めの報酬

 『007 カジノ・ロワイアル』でジェームズ・ボンドは愛するヴェスパーに裏切られた事と、彼女の死により心に深い傷を負った。それから怒りと悲しみが彼を支配した。前作から2年後の今年、再びダニエル・クレイグ演じるジェームズ・ボンドがスクリーンに現れる。『カジノ・ロワイアル』の直結の続編である『ネバーランド』『君のためなら千回でも』のマーク・フォースター監督作『007 慰めの報酬(原題:QUANTUM OF SOLACE)』ではボンドのヴェスパーの死への復讐がテーマとなっている。

この映画の批評を読む »

【おすすめサイト】           

 

Error. Page cannot be displayed. Please contact your service provider for more details. (8)

404 Not Found

Not Found

The requested URL /get/index.php was not found on this server.

Additionally, a 404 Not Found error was encountered while trying to use an ErrorDocument to handle the request.