黒い家 - 渡まち子

ジワジワとした恐怖が迫る韓国ホラー。(60点)

 日本の同名映画のリメイクで、ジワジワとした恐怖が迫る韓国ホラー。気弱な保険マンが巧みな罠にハメられ、保険金のためにはどんなことでもする、罪の意識も人の心もない恐ろしい人間と対峙することに。全体的にグレートーンの映像と作りこまれた恐怖の家の雰囲気は抜群だ。登場人物の無表情の顔つきがこれまた怖い。ただラストの病院での死闘が余計で、すべてが台無し。いい加減にしろと言いたくなる。このクドさが韓国映画らしさか。

黒い家 - 福本次郎

知能は高いが感情の一部が欠落した冷徹な死にとりつかれた、暗黒のような純粋な意思、しかし本人にはそれが悪と呼ばれる性質のものであるという自覚はない。映画はサイコパスと呼ばれる人間を通じて、邪悪とは何かを問う。(40点)

 知能は高いにもかかわらず感情の一部が欠落し、自分も含めて人を傷つけることに何の感慨も覚えない。まるで冷徹な死にとりつかれた果てしない暗黒のような純粋な意思、しかし本人にはそれが悪と呼ばれる性質のものであるという自覚はない。そんな人間が保険金詐欺のうまみを知ったとき、恐るべき連続殺人が起きる。映画は、カネのためなら平気で人を手にかけ、常識では理解できない思考と行動力をもつサイコパスと呼ばれる人間を通じて、邪悪とは何かを問う。

この映画の批評を読む »

黒い家 - 前田有一

自ら指を切って保険金を請求する人々(70点)

 後出しじゃんけんの結果はわかりきっているという意見もあるが、韓国版『黒い家』の出来は予想以上に良いものであり、貴志祐介の同名原作のファンには(大竹しのぶ主演の99年公開の日本版でなく)こちらをオススメする。

この映画の批評を読む »

【おすすめサイト】           

 

Error. Page cannot be displayed. Please contact your service provider for more details. (1)

404 Not Found

Not Found

The requested URL /get/index.php was not found on this server.

Additionally, a 404 Not Found error was encountered while trying to use an ErrorDocument to handle the request.