鴨川ホルモー - 渡まち子

アホらしくも楽しい(55点)

鴨川ホルモー

© 2009 「鴨川ホルモー」フィルムパートナーズ

 伝統とアヴァンギャルドが同居する京都は、摩訶不思議な存在を許す場所だ。京都大学に昔から存在する怪しげなサークル「青竜会」に、なりゆきで入部した主人公は“オニ”を駆使して戦う“ホルモー”なる謎の競技で闘うことに。美男美女の若手俳優が「ゲロンチョリー」と謎の雄たけびを上げる様子がアホらしくも楽しい。特に、メガネの秀才で、ダサかわいい栗山千明がいい味を出している。どんなにバカらしいことでも、心から熱中すれば、きっと何かが見える。ホルモーに熱中した後には、卒業して就職し、普通の社会人になるであろう彼ら。せつな的でファンキーな青春讃歌として楽しみたい。

鴨川ホルモー - 福本次郎

葵祭、祇園祭、古い町並みと神社仏閣、そして大学に通う学生たちの昔ながらの下宿生活。革新よりは伝統を、再開発よりは歴史を選んだ京都の街、いまだに残る神々やオニといった妖しげな世界がそこに住む人々と共存している。(50点)

鴨川ホルモー

© 2009 「鴨川ホルモー」フィルムパートナーズ

 葵祭、祇園祭、古い町並みと神社仏閣、そして大学に通う学生たちの昔ながらの下宿生活。革新よりは伝統を、再開発よりは歴史を選んだ京都の街、いまだに残る神々やオニといった妖しげな世界がそこに住む人々と共存している。映画は秘密結社のような学生サークルに入った新入生が、その秘儀に惹かれていく過程で恋や友情を育てて人間的にも成長していく青春ドラマの体裁をとりながら、観光地だけではない京都の顔を紹介する。ただ、登場人物が京都弁を話さないのはどういうことか。京都の魅力は京言葉と一体となってこそ一段と輝きが増すはずなのに。

この映画の批評を読む »

【おすすめサイト】           

 

Error. Page cannot be displayed. Please contact your service provider for more details. (14)

404 Not Found

Not Found

The requested URL /get/index.php was not found on this server.

Additionally, a 404 Not Found error was encountered while trying to use an ErrorDocument to handle the request.