ファンタスティック・フォー:銀河の危機 - 福本次郎

◆銀色に輝く肉体でサーフボードを乗りこなし、超スピードで空中を切り裂き壁を抜けるシルバーサーファーの圧倒的な存在感の前にファンタスティック・フォーの影は薄い。その自己犠牲は美しく、彼の苦悩をもっと描くべきだった。(50点)

 銀色に輝く肉体でサーフボードを乗りこなし、超スピードで空中を切り裂き壁を抜ける。シルバーサーファーの圧倒的な存在感の前にファンタスティック・フォーの影は薄い。しかも、見かけの冷たさとは対照的にシルバーサーファーには人間らしい心が残っている。ゆえに4人が今回の戦うべき相手は、良心を持った敵よりも邪心を持った味方。愛するもののために魂を売ってしまった男が、自分のプライドをかけて地球を救う。その自己犠牲は美しいが、ならば彼の苦悩をもっと描くべきだったのではないか。

この映画の批評を読む »

ファンタスティック・フォー:銀河の危機 - 渡まち子

(70点)

 明快な物語と4人の超能力のメリハリが絶妙なのがこのシリーズ。今回の新キャラ、シルバーサーファーは、ビジュアルがスタイリッシュだ。最強の敵との対決を高い技術のCGで活写する。4人はグループで戦うが、仲間意識が強く、イタズラしたり、ハメをはずしたり、内輪モメしたりと、ヒーローなのに親しみやすい。地球や宇宙を救うのもどこか部活動のようだ。アルバは相変わらずキュートだが、ブロンドヘアはNG。

ファンタスティック・フォー:銀河の危機 - 前田有一

ヒーローものとしてのツボを押さえつつ、無理に背伸びせずまとめた(70点)

 スパイダーマンやX-メンをはじめとするマーベル社のアメコミヒーローの中でも最古参であるファンタスティックフォーは、本国での人気がきわめて高い。

この映画の批評を読む »

ファンタスティック・フォー:銀河の危機 - 岡本太陽

ジェシカ・アルバ出演(55点)

 2005年夏の超大作映画として『Fantastic Four(ファンタスティックフォー)』が全米で公開された。公開から3日間の興行収入が5600万ドルで、その夏の公開作品の中では、『スターウォーズ:シスの復讐』『宇宙戦争』に次ぐヒットだった。『スパイダーマン』『X?メン』などに並ぶ人気マーベルコミック『ファンタスティクフォー』の実写映画化の第二弾『Fantastic Four: Rise of the Silver Surfer(ファンタスティック・フォー:銀河の危機)』が2007年夏アメリカ公開された。キャストは前作同様ファンタスティックフォーに、ヨアン・グリフィス(Ioan Gruffudd)、ジェシカ・アルバ(Jessica Alba)、クリス・エバンス(Chris Evans)、マイケル・チクリス(Michael Chiklis)が扮している。

この映画の批評を読む »

【おすすめサイト】           

 

Error. Page cannot be displayed. Please contact your service provider for more details. (19)

404 Not Found

Not Found

The requested URL /get/index.php was not found on this server.

Additionally, a 404 Not Found error was encountered while trying to use an ErrorDocument to handle the request.