遠くの空に消えた - 福本次郎

◆ファンタジーとしては作りこみが甘く、コメディとしてはセンスが悪い。冗漫なエピソードの連続に2時間半近い長尺を最後まで見るには相当な忍耐と努力が要求される。遠くの空に消えなくても、映画館からはすぐに消えるだろう。(20点)

 開発の波が押し寄せる田舎の村、推進派と反対派が分裂する大人たちを尻目に子供たちだけで生まれ育った環境、すなわち未来をを守ろうとして立ち上がるいう趣旨は理解できる。しかし、ファンタジーとしては作りこみが甘く、コメディとしてはセンスが悪く、登場人物が多岐に渡る上に人物像がまったく描かれていない。冗漫でアホくさいエピソードの連続は退屈以外のなにものでもなく、2時間半近い長尺を最後まで見るには相当な忍耐と努力が要求される。まあこの作品、遠くの空に消えなくても、映画館からはすぐに消えるだろう。

この映画の批評を読む »

遠くの空に消えた - 渡まち子

(40点)

 子供たちの力を信じたい。そんな思いが暴走した感がある奇妙なファンタジーだ。空港建設問題に揺れる田舎町で、少年2人と1人の少女の友情と成長を描く。はたして奇跡は起こるのか?クストリッツァを露骨に模倣した演出が鼻につくが、それよりも長すぎて焦点がボケたのがマズい。優秀な俳優が演じる個性的なキャラもむなしく空回り。天才子役の神木隆之介君と互角に渡り合う、ガキ大将役ささの友間君は掘り出し物である。

【おすすめサイト】           

 

Error. Page cannot be displayed. Please contact your service provider for more details. (14)

404 Not Found

Not Found

The requested URL /get/index.php was not found on this server.

Additionally, a 404 Not Found error was encountered while trying to use an ErrorDocument to handle the request.