誰がため - 山口拓朗

◆ナチス統治下の重苦しい時代の空気感を巧みに表現している(70点)

 1944年。ナチス占領下のデンマーク。ナチス・ドイツに対するレジスタンス(地下抵抗活動)の一員であるフラメン(トゥーレ・リハンハート)とシトロン(マッツ・ミケルセン)は、上層部からの命令にしたがって、ナチスになびいた売国奴の暗殺を実行していた。ある日、組織の上層部はフラメンの恋人ケティ(スティーネ・スティーンゲーゼ)を密告者と見なし、ふたりに殺害を命ずる。ところが、当のケティからは逆に「組織の上層部が自分たちに都合の悪い人間を『売国奴』としてフラメンとシトロンに殺させている」という旨を告げられる。ふたりは「自分たちは組織にだまされて、無実の人間を殺していたのか?」という罪の意識に呵まれ、しだいに疑心暗鬼になっていく……。

この映画の批評を読む »

誰がため - 渡まち子

◆デンマーク史上最大級の製作費をかけて作られた(65点)

 時代に翻弄されたレジスタンス闘士秘話は、映画化によって初めて知る人が多いはずだ。デンマークという国家は、彼らの物語を語ることで歴史を受け入れようとしているのだろう。物語の舞台は、ナチス占領下のデンマーク。打倒ナチスを掲げる地下抵抗組織の一員のフラメンとシトロンの任務は、ゲシュタポや、ナチに協力する売国奴を暗殺すること。だが、あることをきっかけに任務に疑問が生じ、自分たちは上層部に利用されているだけなのではとの疑念が急速に膨らんでいく。誰が敵で誰が味方か疑心暗鬼に苛まされる二人だったが…。

この映画の批評を読む »

誰がため - 福本次郎

◆小国ゆえに戦火を免れたデンマーク、誰が敵で誰が信用できるのか、抵抗組織の若者は徐々に己の任務に疑問を抱いていく。中立でもなく大規模な蜂起でもなく、中途半端なレジスタンスに終始した国民の悲哀をリアルに再現する。(70点)

 小国ゆえに戦火を免れ、その被害の少なさが抵抗運動に温度差をもたらす。第二次大戦中のデンマーク、ドイツの支配を「平和的」に受け入れたおかげで国は破壊されなかったが、傷ついた民族のプライドを取り戻すために地下活動に身を投じる2人の青年。だが、ドイツ軍に対する憎悪は薄く、組織の団結は非常にもろい。裏切り、密告、二重スパイ、共産党……。誰が敵で誰が信用できるのか、疑心暗鬼の中で、彼らは徐々に己の任務に疑問を抱いていく。中立でもなく大規模な蜂起でもなく、中途半端なレジスタンスに終始した国民の悲哀をリアルに再現する。

この映画の批評を読む »

【おすすめサイト】           

 

Error. Page cannot be displayed. Please contact your service provider for more details. (5)

404 Not Found

Not Found

The requested URL /get/index.php was not found on this server.

Additionally, a 404 Not Found error was encountered while trying to use an ErrorDocument to handle the request.