落下の王国 - 福本次郎

陰影が深い奥行きを感じさせるプロローグから、光と影が折りなす原色を強調した色調の物語のシーン、さらにシャープさを落とした語り部の現在。まるで芸術的な写真集のような美しい映像の連続が見るものを幻想の宇宙にいざなう。(60点)

落下の王国

© 2006 Googly Films, LLC. ALL Rights Reserved.

 モノクロームの陰影が深い奥行きを感じさせるプロローグから、赤茶けた大地、抜けるような青空、象が泳ぐ海の透明感など光と影が折りなす原色を強調した奇跡的な色調の物語のシーン、さらにややシャープさを落とした語り部の現在。まるで芸術的な写真集のように美しい映像の連続が見るものを幻想の宇宙にいざなう。大ケガと失恋で希望を失った男が、自分の目的を叶えようとする過程で人生の意義を問いかけた果てに、精一杯がんばった事実は必ず他人に何かを伝えられることに気付く。

この映画の批評を読む »

落下の王国 - 渡まち子

華麗な美に彩られた映画(75点)

落下の王国

© 2006 Googly Films, LLC. ALL Rights Reserved.

 例えるなら万華鏡のような、華麗な美に彩られた映画だ。1915年、大怪我を負って入院中のスタントマンのロイは、失恋で絶望。自殺用の薬を入手するために少女に5人の勇者が登場する壮大な叙事詩を語り始める。CM出身のターセム監督の美意識が炸裂する映像が見事。特にゾウが海を泳ぐ姿と、巨大な白い布が鮮血に染まる場面はゾクゾクする。復讐と冒険の物語も、多くの世界遺産でロケした壮麗な背景に負けないスケールだ。ロイの心が希望へと再生していくのは、少女に語るほら話のおかげ。そして、ほとんどの映画もまた、虚実が混じった美しい作り話なのである。

落下の王国 - 町田敦夫

◆“映像の魔術師”が見せる希望と救済の童話(70点)

 ミュージックビデオやCMの撮影で名高いターセムが手がけた長編映画第2作。前作の『ザ・セル』(00)は超とんがったビジュアルにストーリーテリングの技が追いついていない印象だったが、自ら脚本にも参加した本作では、その差がかなり縮まった。

この映画の批評を読む »

落下の王国 - 岡本太陽

ターセム・シン監督が『ザ・セル』から数年、ようやく沈黙を破った渾身の最新作!(75点)

落下の王国

© 2006 Googly Films, LLC. ALL Rights Reserved.

 2000年公開のジェニファー・ロペス主演のサイコスリラー『ザ・セル』。グロテスクで幻想的な世界感を世界に知らしめたターセム・シンの長編映画デビュー作だ。この作品以降新しい作品は発表していなかったが、何年もの沈黙を破り彼の新しい監督作が公開された。『落下の王国』と呼ばれるその映画は『ザ・セル』の様な素晴らしいヴィジュアルも健在のお伽話風の感動的な作品となっている。

この映画の批評を読む »

【おすすめサイト】           

 

Error. Page cannot be displayed. Please contact your service provider for more details. (26)

404 Not Found

Not Found

The requested URL /get/index.php was not found on this server.

Additionally, a 404 Not Found error was encountered while trying to use an ErrorDocument to handle the request.