脳内ニューヨーク - 福本次郎

◆人生は壮大な一幕芝居、そんな着想を得た演出家が、巨大な倉庫で自らの実生活を演劇として再現する。そこにはステージと社会の垣根はなく、妄想に憑かれた男が真実を求めて試行錯誤を繰り返す過程で不条理の迷宮に落ちていく。(40点)

 人生は壮大な一幕芝居、そんな着想を得た演出家が、巨大な倉庫で自らの実生活を演劇として再現しようとする。日常生活が舞台稽古になり、俳優たちが現実の人間に扮する。やがて演出家自身も他人が演じるようになり、芝居は混迷を極める。そこにはもはやステージと社会の垣根がなくなり、何がリアルでどこからが創作なのかが区別のつかないまま時間ばかりが過ぎていく。狂気なのかアートなのか、映画は妄想に憑かれた男が真実を求めて試行錯誤を繰り返す過程で不条理の迷宮に落ちていく。

この映画の批評を読む »

脳内ニューヨーク - 山口拓朗

◆易しい映画ではありません(70点)

 ニューヨーク在住の劇演出家ケイデン(フィリップ・シーモア・ホフマン)の結婚生活は破綻し、自身も原因不明の病に冒されてしまった。優柔不断な性格が災いして、新たな恋愛もうまくいかない。そんなある日、ある賞を受賞した彼のもとに多額の賞金が転がり込んだ。人生をやり直す決意をしたケイデンは、多額の費用を投じて、ニューヨークのとある巨大倉庫のなかに、自分が思い描く理想のニューヨークを作り上げて、前代未聞の舞台を上演するプロジェクトに乗り出した……。

この映画の批評を読む »

脳内ニューヨーク - 渡まち子

◆摩訶不思議系エンタテインメント。内容はひとりよがりだが、カウフマンの非凡な才能が垣間見える。(65点)

 NYに住む人気劇作家ケイデンは、ある日突然、妻と娘が出て行き途方に暮れる。そんな時、名誉あるマッカーサー・フェロー賞受賞の知らせが。ケイデンは人生を立て直すため、賞金で壮大な芸術プロジェクトを開始する。

この映画の批評を読む »

脳内ニューヨーク - 岡本太陽

 チャーリー・カウフマンの初監督作品『脳内ニューヨーク(原題:SYNECDOCHE, NEW YORK)』は魔法だ。カウフマンは『マルコヴィッチの穴』で映画界に彗星の如く現れてから、その後に続く『ヒューマン・ネイチュア』『アダプテーション』と常に人々を魅了し続けてきた。そして新作が最も期待される映画脚本家となり、2004年の『エターナル・サンシャイン』ではアカデミー賞オリジナル脚本賞を受賞した。非現実的な作風が印象的なカウフマンのスタイルは2008年新作にも受け継がれており、それを観る人々は不思議な体験をさせられてしまう。

この映画の批評を読む »

【おすすめサイト】           

 

Error. Page cannot be displayed. Please contact your service provider for more details. (13)

404 Not Found

Not Found

The requested URL /get/index.php was not found on this server.

Additionally, a 404 Not Found error was encountered while trying to use an ErrorDocument to handle the request.