痛いほどきみが好きなのに - 渡まち子

当人には大事件でもハタから見れば滑稽なもの。(65点)

 イーサン・ホーク自身の体験が基の恋愛劇は、当然、男目線。新進俳優のウィリアムが歌手の卵のサラに劇的に恋し、やがて彼女を失うまでの物語だ。ようやく結ばれたと思ったら、急激に冷めていく女のわがままと、うるさくつきまとう男のうっとうしさは、当人には大事件でもハタから見れば滑稽なもの。だからこそ情緒不安定な恋愛の本質を突いて上手いと感じる。父親の不在が共通なのは興味深いが母親の存在こそがトラウマのような気もした。

痛いほどきみが好きなのに - 福本次郎

女心が分からない男と、男心が分からない女。相手を尊重するほどフラストレーションはたまり、自分の気持ちを主張するほど溝は深まっていく。そんな不器用な生き方な若者の姿を通じて、父親の不在が子供に及ぼす影響を描く。(50点)

 女心が分からない男と、男心が分からない女。相手の意思を尊重するほどフラストレーションはたまり、自分の気持ちを主張するほどふたりの溝は深くなっていく。恋と夢、どちらかを追うには一方を捨てなければならない、そんな不器用な生き方しかできない若者の姿を通じて、父親の不在が子供に及ぼす影響を描く。父がいない息子は女のわがままに対処する術を知らず、父がいない娘は男に対する甘え方を知らずに育ち、恋人へ思いが強くなるほどすれ違っていく。

この映画の批評を読む »

痛いほどきみが好きなのに - 前田有一

イーサン・ホークの自伝的小説を映画化(55点)

 個性的な作品に出演し続ける俳優で、小説や脚本も書けば監督もできる。そんな多才なイーサン・ホークの、集大成のような映画が『痛いほどきみが好きなのに』だ。

この映画の批評を読む »

【おすすめサイト】           

 

Error. Page cannot be displayed. Please contact your service provider for more details. (15)

404 Not Found

Not Found

The requested URL /get/index.php was not found on this server.

Additionally, a 404 Not Found error was encountered while trying to use an ErrorDocument to handle the request.