犯人に告ぐ - 福本次郎

◆警察官としての使命感より、怒りや欲望にがんじがらめに縛られ、手柄や出世・保身といった自己の利益を優先させる。殺人事件の捜査を背景に、警察官キャリア組同士の欺瞞と裏切り、そして組織の腐敗をクールな視点で描く。(80点)

 警察官としての使命感より、ドロドロとした怒りや欲望にがんじがらめに縛られる。彼らもまた人間である以上、正義という絵に描いた餅より、手柄や出世・保身といった自己の利益を優先せざるを得ない。殺人事件の捜査を背景に、警察官キャリア組同士の欺瞞と裏切り、そして組織の腐敗をクールな視点で描く。仕事中は彩度を落とし、オフのときはフルカラー、犯罪者の心理という負の感情に向き合わざるを得ない主人公の職業的宿痾を描き分けることで、彼が仕事に対して持つ義務感がより明白に浮かび上がる。

この映画の批評を読む »

犯人に告ぐ - 渡まち子

(70点)

 トヨエツは意外にも刑事役が初らしいが、なかなかハマッている。連続児童殺人事件を、メディアを使った公開捜査で解決しようとする刑事の苦闘を描くサスペンスだ。全編を通して緊張感が持続し目が離せない。名脇役の笹野高史のさりげないサポートが効いている。劇場型捜査は、実は昔からある離れ業で、メディアに振り回される現代人への警鐘なのだ。ラストに甘さはあるが、むしろ好印象を残す。

【おすすめサイト】           

 

Error. Page cannot be displayed. Please contact your service provider for more details. (14)

404 Not Found

Not Found

The requested URL /get/index.php was not found on this server.

Additionally, a 404 Not Found error was encountered while trying to use an ErrorDocument to handle the request.