正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官 - 山口拓朗

◆緻密な脚本とムダのない描写を評価したい(75点)

 移民・関税執行局(I.C.E.)に所属するベテラン捜査官マックス(ハリソン・フォード)の任務は、不法滞在者の取り締まり。しかしながら彼は、取り締まりの対象である不法滞在者の立場に同情的であった。ある日、一斉取り締まりで縫製工場に踏み込んだ際に逮捕した不法滞在者の女性から、「幼い息子を人に預けているの。住所を書くから助けて」と懇願され……。

この映画の批評を読む »

正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官 - 渡まち子

移民で構成された国ゆえの苦悩が見えるかのよう(70点)

正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官

© 2008 The Weinstein Company, LLC All Rights Reserved.

 9.11以降、米国の移民を描く作品には強い問題意識がある。そこには自由の国であるための不自由があり、移民で構成された国ゆえの苦悩が見えるかのようだ。LA移民局のベテラン捜査官マックスは、不法滞在の移民たちを取り締まる立場だが、彼らの境遇に同情的だった。そんな中、マックスの同僚で、イラン系アメリカ人ハミードの妹が殺され、遺品の中から偽造グリーンカードが見つかる。同僚がからむ秘密を感じたマックスは、独自に捜査を始める。

この映画の批評を読む »

正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官 - 福本次郎

自由の国なのに権利を制限されて、息を潜めるように生きている、不法入国・滞在者という新たな被差別階級の実態をリアルに再現する。対する米国人も、救いの手を差し伸べる者、弱みに付け込む者、同情を示す者と多種多様だ。(70点)

正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官

© 2008 The Weinstein Company, LLC All Rights Reserved.

 豊かな暮らしを求めて、政治的な迫害から逃れるため、夢をかなえるため、貧しい家計を支えるため、人々は国境を越えて自由の国を目指す。しかし、自由を保障されるには現地で生まれるか、特殊な技能を持つか、難民と認定されなければならない。それ以外の者は、権利を制限されて息を潜めるように生きている。そんな、不法入国・滞在者という新たな被差別階級の実態をリアルに再現する。対する米国人も、救いの手を差し伸べる者、弱みに付け込む者、法に厳正な者、一定の同情を示す者というように多種多様だ。

この映画の批評を読む »

正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官 - 前田有一

日本人がいま見ておくべき「先輩」の姿(65点)

正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官

© 2008 The Weinstein Company, LLC All Rights Reserved.

 自民・公明から民主党へ、政権交代が起きたばかりの日本。世襲を繰り返してきた結果、若手に優れた人材が不足する自民党が没落するのは世の必然。結果的にポテンシャルの高い才能が集まり、政権をとったことで今後、さらに人材流入が加速するであろう民主党に、人々が期待を抱くのも当然であろう。

この映画の批評を読む »

正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官 - 町田敦夫

◆不法移民の問題に一石を投じる良質の社会派ドラマ(70点)

 リーマンショックで威信に陰りが見えたとはいえ、世界標準に照らせば米国はまだまだ富とチャンスの国。よりよい暮らしを求めて世界中から貧しい人々がなだれ込む。本作はそんな不法移民の諸事情を、彼らを取り締まる捜査官マックス(ハリソン・フォード)の苦渋を軸に描いた群像劇だ。舞台はポール・ハギス監督の『クラッシュ』(04)と同様、人種のるつぼのロサンゼルス。ただし、『クラッシュ』が人種間の対立に問題意識を置いていたのに対し、こちらは米国市民権の有無という切り口でアプローチを取っている点が目新しい。

この映画の批評を読む »

正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官 - 岡本太陽

◆ハリソン・フォードが初めてメジャー作品以外に出演した社会派ドラマ(60点)

 移民国家であるアメリカの抱える問題の1つに違法移民問題がある。元々違法に入国した者、ビザを持って入国したが滞在中にビザが切れてしまった者、違法移民にも様々な形があるのだが、そんな彼らに共通して言える事は、皆アメリカでチャンスを掴みたいという事。しかし、彼らの事情はどうあれアメリカは国を守るという立場を優先しなくてはならない。特に9/11後は対テロのため移民管理がより厳しくなり、違法移民は随分と居心地の悪い思いをさせられている。映画『正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官(原題:CROSSING OVER)』はそういったアメリカの違法移民問題を浮きぼりにするシリアスな社会はドラマだ。

この映画の批評を読む »

【おすすめサイト】           

 

Error. Page cannot be displayed. Please contact your service provider for more details. (24)

404 Not Found

Not Found

The requested URL /get/index.php was not found on this server.

Additionally, a 404 Not Found error was encountered while trying to use an ErrorDocument to handle the request.