旭山動物園物語 ペンギンが空をとぶ - 渡まち子

動物たちの愛らしい表情がすばらしく魅力的(60点)

旭山動物園物語 ペンギンが空をとぶ

© 2009『旭山動物園物語』製作委員会

 赤字財政を抱えながら、さまざまな工夫で夢をかなえた旭山動物園の感動の実話だ。園長・滝沢は多くのスタッフと共に、個性的なアイデアと生き物への愛情で、動物園を立て直していく。飼育係のこだわりや行政との係わりなどは分かり易く描かれているが、新人飼育係の青年のトラウマの描写は中途半端。また動物愛護団体との対立は興味深いので、もっと掘り下げてほしかった。一方、動物の生態をそのまま見せる“行動展示”と、動物たちの愛らしい表情がすばらしく魅力的。園長役の西田敏行がハマリ役で、園長のおおらかさこそが動物園復活の原動力だったことが伝わってくる。

旭山動物園物語 ペンギンが空をとぶ - 福本次郎

ゴリラの恋やチンパンジー夫婦の思いやりなど、あたりまえのようで今まで知らなかった動物の生態をカメラは根気よくとらえ、命の尊さを教える。単に成功物語に留まらず、動物の気持ちを理解しようとする映画の姿勢がすばらしい。(60点)

旭山動物園物語 ペンギンが空をとぶ

© 2009『旭山動物園物語』製作委員会

 飼育員に恋をしたメスゴリラが担当が替わったとたんに衰弱死したり、妊娠中毒で食餌制限中のチンパンジーの手をオスが握り締めてやったりと、類人猿とはかくも濃やかな愛情を持っているのか。親が子を世話をするという本能ではなく、相手を一個のパーソナリティとして愛している。あたりまえのようで今まで知らなかった生き物の生態をカメラは根気よくとらえ、人間たちに命の尊さを教える。単に有名動物園の成功物語に留まらず、動物たちの気持ちを理解しようとする映画の姿勢がすばらしい。

この映画の批評を読む »

旭山動物園物語 ペンギンが空をとぶ - 山口拓朗

◆制作者が伝えようとするメッセージに迷いがない(75点)

 入場者数の低迷により、廃園に追い込まれかけていた北海道の旭山動物園。状況を打開すべく滝沢園長(西田敏行)と飼育係たちは、動物本来の(野生に近い)生き生きとした姿をお客に見せる"行動展示"を発案。滝沢園長はここ一番でリーダーシップを発揮するが……。

この映画の批評を読む »

【おすすめサイト】           

 

Error. Page cannot be displayed. Please contact your service provider for more details. (14)

404 Not Found

Not Found

The requested URL /get/index.php was not found on this server.

Additionally, a 404 Not Found error was encountered while trying to use an ErrorDocument to handle the request.