悪夢探偵2 - 福本次郎

他人の悪夢に入り込んでその原因を排除できるが、己の悪夢には苦しめ続けられるというジレンマを持った主人公が、幻覚と悪夢の中をさまよう。その過程で同じようなシーンが繰り返される。もう少し表現にアクセントをつけるべきだ。(40点)

 せっかく人の心を読めるのに、うまく使いこなす術を知らずにかえってパニックに陥ってしまう女。周りの人間の悪意にばかり敏感になって、いつしか被害妄想が制御できないくらいに膨らんで、自分を取り巻く世界すべてに恐れを抱くのだ。そんな彼女を母に持った青年は、さらに夢に侵入する能力を身につけている。映画は、他人の悪夢に入り込んで原因を排除できるが、己の悪夢には苦しめ続けられるというジレンマを持った主人公が、幻覚と悪夢の中でさまよった後に救済をもたらす。しかし、その過程で同じようなシーンが何度も繰り返されてうんざり。もう少し表現法を変えてアクセントをつけるべきだろう。

この映画の批評を読む »

【おすすめサイト】           

 

Error. Page cannot be displayed. Please contact your service provider for more details. (18)

404 Not Found

Not Found

The requested URL /get/index.php was not found on this server.

Additionally, a 404 Not Found error was encountered while trying to use an ErrorDocument to handle the request.