山形スクリーム - 山口拓朗

◆アンチ竹中派なら食あたり必至(55点)

 個性派俳優としての枠を超えて、現れる場所場所でマニアックな笑いをふりまく希代のエンターテイナー。初監督作品「無能の人」(91年)以来、監督としては叙情的な作品を撮り続けてきた竹中直人が、監督6作目にして初めて娯楽作品にチャレンジした。

この映画の批評を読む »

山形スクリーム - 渡まち子

節操のなさは狙ったものなのだろう(45点)

山形スクリーム

© 2009 映画「山形スクリーム」製作委員会

 多彩な才能の持ち主・竹中直人は、俳優業ではハイ・テンションだが、監督としては叙情的な作品を作っていて、そのギャップが面白かったのだが、今回は俳優イメージとピッタリ重なるホラー・コメディである。東京から山形にやって来た歴史研究会の女子高生たちを、蘇った落ち武者が襲い、さらにヒロインの美香代が亡霊の一人からコクられてしまうという非常事態に。果たして平家の落ち武者の怨念を鎮めることができるのか。ホラーはゾンビ系、ギャグはナンセンス系、「ブレードランナー」のセリフの唐突な引用など、節操のなさは狙ったものなのだろう。正調な笑いやむろん感動はない。と言うより、求めてはいけない。個性的なキャスティングを含め、ツッコミを入れて楽しむのが正しい作法だ。作り手もそれを望んでいるに違いない。

山形スクリーム - 福本次郎

人里離れた小さな村、平家落ち武者のたたり、女子高生とゾンビ。B級ホラー映画のエッセンスを集めて、脱力感満載の笑いに煮詰めていく。強烈なデジャヴを感じる小ネタの数々は、コテコテの感性で新たな命を吹き込まれている。(60点)

山形スクリーム

© 2009 映画「山形スクリーム」製作委員会

 人里離れた小さな村で対立する人々、平家落ち武者のたたり、女子高生とゾンビ。そういったB級ホラー映画のエッセンスを集めて、脱力感満載の笑いに煮詰めていく。強烈なデジャヴを感じる小ネタの数々は、出展を知らずとも、竹中直人流に色づけられたコテコテの感性で新たな命を吹き込まれ、コメディとして十分に楽しめる。あえてベタな設定とチープな物語を採用しているが、ディテールにまで及ぶこだわりは過去の名作に明確なリスペクトを示している。

この映画の批評を読む »

【おすすめサイト】           

 

Error. Page cannot be displayed. Please contact your service provider for more details. (19)

404 Not Found

Not Found

The requested URL /get/index.php was not found on this server.

Additionally, a 404 Not Found error was encountered while trying to use an ErrorDocument to handle the request.