天使と悪魔 - スタッフ古庄

◆ラングドン教授と行く弾丸観光ツアー♪(75点)

 2006年に話題となりなりました『ダ・ヴィンチ・コード』。『天使と悪魔』はその第二段です!

この映画の批評を読む »

天使と悪魔 - 福本次郎

科学と宗教、ガリレオの時代以来の対立を軸に、復讐の炎がローマに降り注ぐ。映画は主人公をヴァチカンの奥からローマ市内の旧跡を走り回らせ、その圧倒的なスピードと情報量の多さは物語の矛盾を感じさせる暇を与えない。(50点)

天使と悪魔

 人間の叡智が神のなせる業を再現する。あくまで神の存在を至高のものと考える宗教家にとって、宇宙の始まりともいえる物質の誕生を生成する実験は許しがたいもの。科学と宗教、ガリレオの時代以来の対立を軸に、現代によみがえった復讐の炎がローマに降り注ぐ。映画は主人公をヴァチカンの奥から膨大な地下アーカイブ、ローマ市内の旧跡を走り回らせて息もつかせぬ展開を見せる。謎が新たな謎を呼び、タイムリミットが刻々と迫る。その圧倒的なスピードと情報量の多さはストーリーの矛盾を感じさせる暇を与えず、一気にラストのどんでん返しにまで持っていく。

この映画の批評を読む »

天使と悪魔 - 岡本太陽

◆トム・ハンクスが再びロバート・ラングドンに扮する『ダ・ヴィンチ・コード』の続編(50点)

 わたしは映画『天使と悪魔』の原作本を読んでいない。そのダン・ブラウンによって書かれた原作との比較は出来ないが、どうやらその必要も特にはなさそうだ。なぜなら原作は『ダ・ヴィンチ・コード』の前編にあたるが、本作は続編として制作されており、『天使と悪魔』の原作は『ダ・ヴィンチ?』よりも人気的には劣っていたため、映画はよりオリジナルな要素を含んだ映画に仕上がっているからだ。

この映画の批評を読む »

天使と悪魔 - 渡まち子

前作以上の謎とスピード感で描く歴史犯罪ミステリー。駆け足の謎解きを重厚な背景がサポートする。(65点)

天使と悪魔

 宗教象徴学の権威、ロバート・ラングドン教授は、秘密結社イルミナティが復活したことを知り、教皇が急死したヴァチカンへと向かう。次期教皇候補の暗殺を阻止するべく、ガリレオの暗号コードの解明に挑むが…。

この映画の批評を読む »

天使と悪魔 - 前田有一

宗教知識ゼロでも楽しめる(75点)

天使と悪魔

 前作『ダ・ヴィンチ・コード』(06年、米)が世界中で一番ウケたのは、何を隠そうこの日本。シリーズの売り物である陰謀論にしても、ローマやヴァチカンの謎めいた秘儀にしても、あるいはその背景となる美しい観光名所の数々も、日本人が大好きなものばかり、ということか。

この映画の批評を読む »

【おすすめサイト】           

 

Error. Page cannot be displayed. Please contact your service provider for more details. (30)

404 Not Found

Not Found

The requested URL /get/index.php was not found on this server.

Additionally, a 404 Not Found error was encountered while trying to use an ErrorDocument to handle the request.