地球が静止する日 - スタッフ古庄

◆オリジナルの方が気になっちゃうよ!(50点)

 なになに?

 本作品、57年も前に作られた、オリジナルが存在する! らしい。その名も『地球の静止する日』。そのまま。

この映画の批評を読む »

地球が静止する日 - 福本次郎

侵略でもなく、友好でもなく、その目的は地球を人類から守ること。多様な生態系をもつ我々の星は、はるかに文明の進んだ宇宙人にも魅力にあふれているのだろう。いや、「我々の星」という思い上がりを打ち砕くことが彼の真意だ。(40点)

© 2008 TWENTIETH CENTURY FOX

 侵略でもなく、友好でもなく、その目的は地球を人類から守ること。多様な生態系をもつ我々の星は、はるかに文明の進んだ宇宙人から見ても美しい魅力にあふれているのだろう。いや、「我々の星」という思い上がりを打ち砕くことこそ彼の真意だ。地球はそこに暮らすあらゆる生物・無生物の共有財産。それを勝手に汚染し消費し独占しようとする人間たちに対して大いなる警鐘を鳴らす。しかし、少なくとも彼らの一部は80年前には地球に到着していたわけだから、もっと早く警告してくれてもよかったはずだが。。。

この映画の批評を読む »

地球が静止する日 - 渡まち子

映像はスリリングだが、物語そのものにさしたる工夫はない(60点)

© 2008 TWENTIETH CENTURY FOX

 古典SFのリメイクの一番のウリは文明を破壊しつくす驚愕のVFXだ。任務のために地球に到来したクラトゥは地球外文明の使者。彼の目的は“地球を救うこと”だった。人類から破壊され続ける地球を救うためには人類を滅ぼすしかないという、エコ的極論を展開しつつ、物語は衝撃のディザスター・ムービーへ。ロバート・ワイズが監督した旧作の拙いビジュアルは、最新技術によってド迫力の映像になった。かつては、地球より数倍進んでいるはずの星からの宇宙船が、出来損ないの目玉焼きのようだったが、今回は謎めいて輝く球体になりその美しさに目をみはる。だが、何十年も前に潜伏していた使者が何の役にもたってないのが大きな疑問。映像はスリリングだが、物語そのものにさしたる工夫はない。「私たちは変われる」との米国大統領選挙のようなセリフには苦笑した。無表情の宇宙人役のキアヌがハマリ役。

地球が静止する日 - 岡本太陽

キアヌ・リーヴス主演、今年の冬のSF超大作映画!(50点)

© 2008 TWENTIETH CENTURY FOX

 産業やテクノロジーの発達に伴い地球環境は危機に晒されている。現在、先進国を中心に世界規模で環境問題への関心が寄せられ、特に地球温暖化という言葉は既に多くの人々が耳にしているだろう。『地球が静止する日(原題:THE DAY THE EARTH STOOD STILL)』は地球環境を破壊し続ける人類に警告を促すとともに、わたしたちにこんな疑問を投げかける、「人類がいなくなれば地球は救われるのか?」。

この映画の批評を読む »

【おすすめサイト】           

 

Error. Page cannot be displayed. Please contact your service provider for more details. (4)

404 Not Found

Not Found

The requested URL /get/index.php was not found on this server.

Additionally, a 404 Not Found error was encountered while trying to use an ErrorDocument to handle the request.