副王家の一族 - 福本次郎

◆「憎悪こそ生きる秘訣だ」。19世紀シチリア、封建的領主親子が革命の嵐に飲み込まれながらも、権力の座を守っていく過程で、壮絶な家族の葛藤が繰り広げられる。その語り口はあくまで重厚で、貴族社会の息苦しさを実感させる。(60点)

 「憎悪こそ生きる秘訣だ」。権力に憑りつかれ、他人を思いのままに動かすことができる快感を手に入れるためには、男はあらゆるものを憎み、蹴落としていく。それがたとえ親子兄弟の間柄であっても、反抗するものには容赦はしない。19世紀シチリア、封建的領主親子が革命の嵐に飲み込まれながらも巧みに生き抜き、権力の座を守っていく過程で、壮絶な家族の葛藤が繰り広げられる。その語り口はあくまで重厚で、個人の愛や思想よりも一族の安泰を優先する屋敷の中では、笑顔よりも怒り、喜びよりも苦悩、希望よりもあきらめが蔓延し、貴族社会の息苦しさを実感させる。

この映画の批評を読む »

副王家の一族 - 渡まち子

◆素晴らしい美術や衣装をたっぷりと堪能したい(75点)

 イタリア映画「山猫」に日本映画「華麗なる一族」をブレンドしたような、重厚な歴史劇だ。滅びの美学を貫いたヴィスコンティの作品と決定的に異なる点は、時代をしたたかに生き抜く登場人物の生命力である。19世紀半ばのシチリア。名門貴族ウゼタ家では、絶対的な権力をふるう封建的な父ジャコモと、嫡男のコンサルヴォが激しく対立していた。母は病に倒れ、叔父は遺産を奪われ、妹は政略結婚させられるという無念を見ながら、やがて当主になったコンサルヴォは生き抜くためにある決心をする。

この映画の批評を読む »

【おすすめサイト】           

 

<body bgcolor="#ffffff" text="#000000"> <a href="http://links.idc1998.com/?fp=F6fv%2FTl3rvUaB0LdAAy5Uaxu2ubcnq0XCITZMKaTdxoatSqrdfLOqANco8HP6%2BzCH6Iuca4bb%2FnuCnfm4fik8A%3D%3D&prvtof=0uOjBJRXAFDaPlb7YxSaZqNb7%2F8M3sfT3BKHtByMRjs%3D&poru=KJzPEXZnA%2FhXlEPQaFejzTFuPDOu4RicHfLDUoGrCjlWhY4lnoOmQv0IOjxtKbT81fbzvjVUt5liSX%2B2xsmDFA%3D%3D&type=link">Click here to proceed</a>. </body> 404 Not Found

Not Found

The requested URL /get/index.php was not found on this server.

Additionally, a 404 Not Found error was encountered while trying to use an ErrorDocument to handle the request.