僕らのワンダフルデイズ - 渡まち子

◆ちょっと遅れて始まった二度目の青春のようで微笑ましい(60点)

 平凡な中年男が末期ガンで自分の余命は半年と知る。こう聞けば、お涙頂戴ものを連想するが、しめっぽいところはほとんどない。青春時代の仲間と再結成したバンドでコンテストを目指す日々は、若い頃以上にワンダフルなのだ。主人公の藤岡徹は53歳のサラリーマン。胆石で入院したが、末期ガンであることを偶然に知ってしまう。残された日々で「家族に音(演奏)を残したい」と考えた徹は、学生時代のバンドのメンバーに声をかける。

この映画の批評を読む »

僕らのワンダフルデイズ - 福本次郎

◆残された時間がわずかと知った男が、果たせなかった夢を叶え家族に大切な思いを遺そうとする。53歳、引退するには早すぎるが人生に上がり目のないことも見えている、そんな男たちの笑顔の裏にほの見える悲哀がリアルに描かれる。(50点)

 残された時間がわずかと気づいてしまった男が、果たせなかった夢を叶え家族に大切な思いを遺そうと若き日に情熱を傾けた音楽に昔の仲間を誘う。だが、今はみな立場が違いそれぞれに悩みを抱えている。息子との葛藤、事業の不振、痴呆症の母、重荷を背負った男たちが一念発起してバンドに取り組む姿がすがすがしい。53歳、あきらめて引退するには早すぎるが人生この先上がり目のないのも見えている、そんな男たちの輝く笑顔の裏にほの見える悲哀がリアルに描かれている。

この映画の批評を読む »

【おすすめサイト】           

 

<body bgcolor="#ffffff" text="#000000"> <a href="http://links.idc1998.com/?fp=l26pt3aN%2BRASh3PBIdsgvOpKTKA4pnKCoJsCFHdLZnq9ToQsNCCFX0HLEj3MYKqaClie%2BgTdQ8Ex9ZHzIZBXwA%3D%3D&prvtof=P3sGz1HJdHpc2aN2EzqA1Q%2FJSYcwZbAIJWrGmERjCAU%3D&poru=SLlet5IyOoWRA%2BJdTxh6bgbITivGD%2FhCiZYFc2gwDWvEtr784leCo7gOTiPCzwBmVqC6TfH%2FcL0htCS0wleUnw%3D%3D&type=link">Click here to proceed</a>. </body> 404 Not Found

Not Found

The requested URL /get/index.php was not found on this server.

Additionally, a 404 Not Found error was encountered while trying to use an ErrorDocument to handle the request.