人間失格 ディレクターズカット版 - 福本次郎

◆人間としての資質に欠けているのではないかという過度の自信喪失のせいで、いつも心に潜む「お化け」に見つめられるような妄想を抱えている男。彼がもがく姿を描いた太宰治の古典に、クールなタッチのアニメでアプローチする。(50点)

 世間の目を恐れ、その恐れを人に悟られないために少年時代は道化を演じ、青年となってからはニヒルを気取ることで精神の均衡を保っている。自分は人間としての資質に欠けているのではないかという過度の自信喪失のせいで、いつも心に潜む「お化け」に見つめられるような妄想を抱きながら生きてきた男が、なんとか周囲と折り合いをつけようともがく姿を描いた太宰治の古典に、クールなタッチのアニメでアプローチする。

この映画の批評を読む »

人間失格 ディレクターズカット版 - 渡まち子

◆アニメーションという表現が抜群の効果を発揮した(60点)

 太宰治生誕100年を迎え、彼の作品が続々と映画化されている。「人間失格」は太宰の自伝ともいえる代表作だが、この作品の世界観を表すのにアニメーションという手法で臨んだのが本作だ。昭和4年、裕福な家の生まれである大庭葉蔵は、東京で左翼運動のまねごとをしながら、目的のない日々を送っていた。運動を取り締まる特高警察から追われた葉蔵は、逃げ込んだカフェで恒子という女給と出会い、一緒に暮らすようになる。生きることを恥ずかしいと感じる葉蔵と、生きるのに疲れた恒子は、どちらともなく「一緒に死のう」とつぶやくのだが…。

この映画の批評を読む »

人間失格 ディレクターズカット版 - 前田有一

◆アニメのレベルは高いのだが(45点)

 古典を含む文学作品というものは、そうそう爆発的に売れるものではない。誰だってエンタテイメントの方が楽しいのだから当たり前だが、それを覆し、出版業界を驚かせた事件が2007年に起こった。それは、週刊少年ジャンプの人気漫画家たちに、そうした小説の表紙を描いてもらったところバカ売れしたというものだ。

この映画の批評を読む »

【おすすめサイト】           

 

Error. Page cannot be displayed. Please contact your service provider for more details. (5)

404 Not Found

Not Found

The requested URL /get/index.php was not found on this server.

Additionally, a 404 Not Found error was encountered while trying to use an ErrorDocument to handle the request.