三国志 - 渡まち子

趙雲の人間的な側面がクローズアップされている(65点)

三国志

© TAEWON ENTERTAINMENT CO., LTD. and © VISUALIZER FILM PRODUCTION LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.

 三国志演義の中でも、勇猛で容姿端麗な英雄と伝えられる蜀の武将・趙雲に焦点を当てた歴史活劇だ。若き趙雲は平和を夢見て兵士になるが、劉備の嫡子を救ったことから、五虎将のうちでも最も活躍する武将になっていく。趙雲の生涯の最盛期の部分をすっぽりと削除したストーリーは説明不足な感は否めない。ただ、どんな英雄もやがて滅び去る運命という無常感は強調された。また、趙雲を複雑な思いで見守る兄貴分を配することで、趙雲の人間的な側面がクローズアップされている。主役のアンディ・ラウが精悍な面持ちで、老年期も含めて素晴らしい。マギーQも華やかで美しい。

三国志 - 福本次郎

中国内陸部の荒涼とした砂漠は、西部劇の舞台に似ている。そこに漂うのは、武に生きるものは使い捨てにされる運命にあるという悲しみ。主人公の心象風景は、マカロニウエスタンのような弦をかき鳴らすギターの調べが似合う。(50点)

三国志

© TAEWON ENTERTAINMENT CO., LTD. and © VISUALIZER FILM PRODUCTION LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.

 どこまでも続く中国内陸部の荒涼とした砂漠は、西部劇の舞台に似ている。時は国が3つに割れてそれぞれが覇を競う戦乱の時代、映画は勇猛と豪腕で名を馳せた一人の豪傑に焦点を当て、まっすぐな軍人としての生き様に迫る。そこに漂うのは、いかに腕が立とうとも、武に生きるものは所詮は支配者の駒に過ぎず、使い捨てにされる運命にあるという悲しみ。主人公の心象風景は、マカロニウエスタンのような弦をかき鳴らすギターの調べが似合っていた。

この映画の批評を読む »

三国志 - 山口拓朗

◆英雄を描くに際して、三国志の舞台を拝借した作品(60点)

 魏・呉・蜀の三国に分断されていた戦乱期の中国。平民の家に生まれた趙雲(アンディ・ラウ)は、祖国統一の夢を叶えるべく同郷の平安(サモ・ハン)と共に蜀の君主・劉備(ユエ・ホア)に仕えていた。あるとき、劉備の妻と子どもが魏軍に連れ去られると、趙雲はたったひとりで敵陣へ乗り込み……。

この映画の批評を読む »

三国志 - 佐々木貴之

◆アクション色を前面に押し出した作風(70点)

 『レッドクリフ』二部作の勢いに便乗したかのような作品で、監督はダニエル・リー。

この映画の批評を読む »

【おすすめサイト】           

 

Error. Page cannot be displayed. Please contact your service provider for more details. (17)

404 Not Found

Not Found

The requested URL /get/index.php was not found on this server.

Additionally, a 404 Not Found error was encountered while trying to use an ErrorDocument to handle the request.