ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~ - 福本次郎

借金を重ね、外に女を作り、家庭を顧みない男。そんな男のたった一度の優しさを受け入れてしまったせいで不幸を甘受する女。身勝手なのに不思議な魅力を持った作家と、彼の破天荒な生き方にじっと耐える妻の対比が鮮やかだ。(70点)

ヴィヨンの妻 ?桜桃とタンポポ?

© 2009 フジテレビジョン パパドゥ 新潮社 日本映画衛星放送

 借金を重ね、外に女を作り、まったく家庭を顧みない男。そんな男のたった一度の優しさを受け入れてしまったせいで不幸を甘受する女。常に「死にたい」と周囲に漏らし、弱さを積極的にさらけ出して相手を操っていく、あまりにも身勝手なのに不思議な魅力を持った作家と、彼の破天荒な生き方にじっと耐える妻の対比が鮮やかだ。最初に懐の大きな男と思わせておいて、信頼を勝ち得るととことんまでしゃぶりつくす卑劣な主人公のヒモ体質を浅野忠信がリアルに表現する。大人になっても甘ったれで人に迷惑ばかりかけているけれどどこか放っておけない、典型的なダメ男の本質がよく描けている。

この映画の批評を読む »

ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~ - 前田有一

ヒロインはいい女だが、だからこそ男は耐えられない(60点)

ヴィヨンの妻 ?桜桃とタンポポ?

© 2009 フジテレビジョン パパドゥ 新潮社 日本映画衛星放送

 同じ週に公開される『カイジ 人生逆転ゲーム』が新世代のだめ人間を描いているとしたら、『ヴィヨンの妻 ?桜桃とタンポポ?』の主人公は元祖ダメ人間。生誕100年となる太宰治による短編『ヴィヨンの妻』をベースに、他のさまざまな作品の内容を組み込んだ、太宰文学(の中のダメ的側面)集大成のごとき内容となっている。

この映画の批評を読む »

ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~ - 渡まち子

大人の恋愛映画(75点)

ヴィヨンの妻 ?桜桃とタンポポ?

© 2009 フジテレビジョン パパドゥ 新潮社 日本映画衛星放送

 太宰治の同名短編小説を下敷きに、いくつかの太宰作品をミックスして描く、一組の夫婦の愛の物語だ。戦後の混乱期、大酒飲みで浮気を繰り返す小説家の夫・大谷の借金を返すため、妻の佐知は飲み屋の椿屋で働くことになる。美人で気立てのいい佐知はたちまち店の人気者になり、彼女を慕う青年やかつて佐知が想いを寄せていた弁護士が現われる。大谷は自分の浮気は棚に上げて嫉妬にかられるが、愛人の一人・秋子と心中事件を起こしてしまう。

この映画の批評を読む »

【おすすめサイト】           

 

Error. Page cannot be displayed. Please contact your service provider for more details. (10)

404 Not Found

Not Found

The requested URL /get/index.php was not found on this server.

Additionally, a 404 Not Found error was encountered while trying to use an ErrorDocument to handle the request.