ワン・ミス・コール - 渡まち子

続編まで作られた日本の観客には、もはや怖さは感じないだろう。(40点)

© 2006 Missed Call Productions, LLC

 Jホラー「着信アリ」のリメイクは、続編まで作られた日本の観客には、もはや怖さは感じないだろう。携帯に録音された断末魔の叫びを聞いたものが死に至る恐怖を描く。呪われた本人にだけ見える異様な幻影は、オリジナリティにあふれていて見応えがある。恐怖の演出より音でビックリの作風なのでホラーとしては凡作だが、呪いの謎のサスペンスとして楽しむとよいのでは。冒頭、猫が死ぬのは不満。だって携帯を持っていないのに!

ワン・ミス・コール - 前田有一

三池崇史監督&柴咲コウ主演『着信アリ』のハリウッドリメイク(50点)

© 2006 Missed Call Productions, LLC

 和製ホラー『着信アリ』シリーズにおける「携帯電話によって呪いが伝播する」という秋元康のアイデアは、なかなか質の良いお茶っ葉であった。アジア各国でもこの味は受け、結局同じ茶葉で3回も4回も出す事になった。さすがにもう出ないだろうと思ったら、その出がらしを今度はハリウッドに持っていった。どうせアメリカ人は味オンチだから大丈夫、というわけか。

この映画の批評を読む »

ワン・ミス・コール - 岡本太陽

三池崇史監督の柴咲コウ主演映画『着信アリ』をハリウッドがリメイク(30点)

© 2006 Missed Call Productions, LLC

 2004年に日本で劇場公開された柴咲コウ主演の『着信アリ』というホラー映画がある。三池崇史によって監督された本作は、携帯電話で呪いの着信を受けた者は3日後に死ぬという現代社会に準えた恐怖が話題となり、シリーズ化された。そしてこの『着信アリ』はハリウッド映画『ワン・ミス・コール』として制作され、2008年、年明けに公開を迎えた。

この映画の批評を読む »

【おすすめサイト】           

 

Error. Page cannot be displayed. Please contact your service provider for more details. (19)

404 Not Found

Not Found

The requested URL /get/index.php was not found on this server.

Additionally, a 404 Not Found error was encountered while trying to use an ErrorDocument to handle the request.