ワルキューレ - 福本次郎

忠誠を誓い命を捧げるべき相手はヒトラーではなく祖国。ナチス政権下、思想的背景の違いからヒトラーと距離を置いた男たちは、ドイツの良心を世界に示そうとする。正義に殉じた人間はたとえ敗れてもその名を後世に残すのだ。(80点)

ワルキューレ

© 2008METRO-GOLDWYN-MAYER STUDIOS INC.ALL RIGHTS RESERVED

 忠誠を誓い命を捧げるべき相手はヒトラーではなく祖国。ナチス政権下、思想的背景の違いからヒトラーと距離を置いた男たちは、ドイツの良心を世界に示そうとする。ホロコーストや民間人虐殺などの戦争犯罪行為を憎み、騎士道に通じる理性や道徳を重んじる軍人としてのプライドを持つドイツ人は少なくなく、東部戦線での苦戦がさらに同調者を増やしていく。映画は史実を忠実になぞり、ヒトラー暗殺・クーデターの全貌を明らかにする。正義に殉じた人間はたとえ敗れても後世に名を残すのだ。

この映画の批評を読む »

ワルキューレ - 前田有一

トム・クルーズのおかげでわかりやすくなった(65点)

ワルキューレ

© 2008METRO-GOLDWYN-MAYER STUDIOS INC.ALL RIGHTS RESERVED

 ナチス関連の映画は、日本人にはわかりにくいと言われる。ドイツではハーケンクロイツを提示しただけでも違法とされ、今でもこの手の映画撮影は困難をきわめる。

この映画の批評を読む »

ワルキューレ - 渡まち子

ヒトラー暗殺計画の顛末を描く実録サスペンス。話は面白いが致命的にマズいセリフがある。(60点)

ワルキューレ

© 2008METRO-GOLDWYN-MAYER STUDIOS INC.ALL RIGHTS RESERVED

 第二次世界大戦末期の1944年。祖国の誇りと世界の平和のために、ドイツ人将校シュタウフェンベルク大佐は、ヒトラー暗殺計画“ワルキューレ作戦”を立案。賛同者と共に、猶予僅か10分という極限状態の計画を進めていく…。

この映画の批評を読む »

ワルキューレ - 山口拓朗

◆歴史の転換点の紙一重ぶりに運命の綾を感じずにはいられない(65点)

 第二次世界大戦末期。ドイツのシュタウフェンベルク大佐(トム・クルーズ)は、ナチス総統ヒトラーによる独裁政権のやり方に絶望し、ヒトラーの暗殺計画を企てる。彼はみずから立案した<ワルキューレ作戦>の首謀者として、クーデターを成功させるべく着々と計画を進めるが……。

この映画の批評を読む »

ワルキューレ - 町田敦夫

◆トム・クルーズがナチスの反逆のヒーローに(60点)

 ナチスが権勢を振るった第2次世界大戦期にも、ドイツ国内には秘かにその政権転覆を謀る勢力が存在したという。『ワルキューレ』は彼らが実際に決行したヒトラー暗殺作戦を、『ユージュアル・サスペクツ』の監督&脚本コンビが克明に映画化した政治サスペンスだ。

この映画の批評を読む »

ワルキューレ - 岡本太陽

トム・クルーズがヒトラー暗殺計画にたずさわった実在のドイツ人将校を演じる(45点)

ワルキューレ

© 2008METRO-GOLDWYN-MAYER STUDIOS INC.ALL RIGHTS RESERVED

 好青年の役やクールなアクションヒーローのイメージのあるトム・クルーズ。しかし、今年の彼はどこか違う。『トロピック・サンダー/史上最低の作戦』で太ったハゲ頭のハイパーなおやじを演じ、人々を驚愕させた。彼はその役でゴールデン・グローブ賞にもノミネートされ勢いづいているのだが、そんな中彼の新しい主演映画が公開される。その名は『ワルキューレ(原題:VALKYRIE)』。トム・クルーズはこの映画でヒトラー暗殺の計画を指揮したドイツ軍将校を演じる。

この映画の批評を読む »

【おすすめサイト】           

 

Error. Page cannot be displayed. Please contact your service provider for more details. (8)

404 Not Found

Not Found

The requested URL /get/index.php was not found on this server.

Additionally, a 404 Not Found error was encountered while trying to use an ErrorDocument to handle the request.