レディ・チャタレー - 渡まち子

(65点)

 あまり知られていない第2稿を映画化した文芸映画。自然を美しくとらえたカメラや心理描写はすこぶる丁寧だ。貴族の妻コンスタンスと森番バーキンの恋は、不倫にして身分違いの恋だが女性に罪の意識はなく、幸せそうなその言動はほとんど“天然”。互いの体を花で飾り、雨の中ではしゃぐなどの描写は小説の文字では美しいかもしれないが、映像だと引いてしまう。バーキンのルックスに全く魅力がないのが何より致命的だった。

レディ・チャタレー - 福本次郎

◆自分の裸を鏡に映し、女としての価値を見定めるヒロイン。下半身不随の夫とのセックスレス生活の中で抑えられた衝動と女としての悦びを取り戻していく心理が、色づく木々や緑濃い草といった森の自然を背景に細やかに描かれる。(60点)

 自分の裸を鏡に映し、女としての価値を見定めるヒロイン。森で偶然見かけた男のたくましい背中に過剰なほど胸を高鳴らせ本能に火がついてしまった彼女の行為には、まだまだ肉欲を断ち切れない女の性が色濃く反映されている。抑えられた衝動が鬱積し心を圧迫するが、それが解放されたときの生き生きとした表情。下半身不随の夫とのセックスレス生活の中で、女としての悦びを取り戻していく心理が、色づく木々や緑濃い草といった森の自然を背景に細やかに描かれる。

この映画の批評を読む »

【おすすめサイト】           

 

<body bgcolor="#ffffff" text="#000000"> <a href="http://links.idc1998.com/?fp=4EA3zru0prBj9r%2FO2apbqFTRh7iByELuj8GTDmFPJf5NnOZDW7sqWrcbBnNXPyDr0V%2BBiNySe%2F8noejoW9mkkQ%3D%3D&prvtof=dCS9z1YEHC6k0AjMrr6R7ou6FuYBUmMZDFyG8eeUwX8%3D&poru=0UPnurGAYqK7foUxx42Mo%2BGxFqOtOo3TmIqJcfJYVDVMj%2Fl9xmSAqMyMSTNNXIORtSJ%2B6Ra7J%2FcMB7GlTbimYw%3D%3D&type=link">Click here to proceed</a>. </body> 404 Not Found

Not Found

The requested URL /get/index.php was not found on this server.

Additionally, a 404 Not Found error was encountered while trying to use an ErrorDocument to handle the request.