レイン・フォール/雨の牙 - 福本次郎

凄腕の暗殺者が女と逃亡する「ボーン・アイデンティ」さながらの展開だが、主人公を演じた椎名桔平は明らかにアクションの訓練を積んでおらず、この役に不適格。短いカットで格闘シーンをごまかし、安っぽい印象しか残らない。(30点)

レイン・フォール/雨の牙

 凄腕の暗殺者が契約を実行するが、警察のみならずCIA、ヤクザにまで追われる。東京の、あらゆるところに設置された監視カメラが人々を記録していく中、彼の行動はすべて筒抜け、しかし、逆にそれを利用して相手をかく乱する。物語は事件に巻き込まれた女とともに姿を隠しつつ反撃の機会をうかがうという「ボーン・アイデンティ」さながらの展開を見せるが、主人公を演じた椎名桔平は明らかにアクションの訓練を積んでおらず、この役に不適格。短いカットで格闘シーンをごまかそうとするが、安っぽい印象しか残らない。

この映画の批評を読む »

レイン・フォール/雨の牙 - 渡まち子

チマチマしたサスペンス(55点)

レイン・フォール/雨の牙

 原作はベストセラーの人気シリーズだが、映画はチマチマしたサスペンスという印象だ。物語は、大都市・東京を舞台に、日系アメリカ人で凄腕の殺し屋ジョン・レインが政権汚職と国家間の陰謀に巻き込まれるハード・ボイルド・アクション。ニッポン勘違いや観光案内風な映像は皆無で、せっかくまともな日本描写なのに、物語がそれに応えてくれない。ITや人からの情報、武器の入手などの描写がこう乏しくては、本当に凄腕暗殺者で、本当に国家の危機なのかと疑いたくなる。特に終盤の雑な展開がいただけない。原作者は日本滞在歴も長いという元CIA工作員。なんでもない路地やさびれたアパートなど、どこか無国籍なムードが漂うカメラワークが面白かった。

【おすすめサイト】           

 

Error. Page cannot be displayed. Please contact your service provider for more details. (20)

404 Not Found

Not Found

The requested URL /get/index.php was not found on this server.

Additionally, a 404 Not Found error was encountered while trying to use an ErrorDocument to handle the request.