ランジェ公爵夫人 - 渡まち子

恋愛手引書のような作品だ。(70点)

 逃げては追い、追っては逃げる有閑階級の恋のゲームを、仏映画らしい会話で描く恋愛手引書のような作品だ。無骨な軍人を弄ぶつもりだった社交界の花形夫人が本物の愛に目覚め苦悩する。徹頭徹尾、恋愛の真髄を追求するが、ゲームの支配者が入れ替わるところが面白い。情熱を燃やしたあげく、運命を受け入れサクッと終るラストのセリフが潔い。華麗な衣装や家具調度品が見事。大怪我から復帰したギョーム・ドパルデューに拍手だ。

ランジェ公爵夫人 - 福本次郎

女はその美貌と思わせぶりな態度で軍人の無骨な心を手玉に取り、楽しみながら弄ぶ。男は熱烈な気持を告げることが愛と勘違いしている。男女の「恋」に対する根本的な考え方の違いを、重厚な演出でじっくりと味あわせてくれる。(60点)

 美貌と思わせぶりな態度で軍人の無骨な心を手玉に取り、楽しみながら弄ぶ。男は熱烈な気持を告げることが愛と勘違いしている。押されては引き、また新しい餌を目の前にぶら下げ、相手が一途なほどのらりくらりと受け流して、女は褒美のキスすら与えない。男から見ると、いやらしいまでにずるがしこく見える駆け引きは、男女の「恋」に対する根本的な考え方が投影されており、ジャック・リヴェットは腰をすえたカメラと重厚な演出でその違いをじっくりと味あわせてくれる。

この映画の批評を読む »

【おすすめサイト】           

 

Idc1998.com
This domain has recently been listed in the marketplace. Please click here to inquire.
404 Not Found

Not Found

The requested URL /get/index.php was not found on this server.

Additionally, a 404 Not Found error was encountered while trying to use an ErrorDocument to handle the request.