モリエール、恋こそ喜劇 - 福本次郎

◆若き日のモリエールが、喜劇とは何かを模索し、実践する決意を実行するまでを描く。豊かな暮らしの中で暇を持て余した人々が走るものはいつの時代でも恋。相手の美しさを称え愛を語るうちに言葉が洗練されていく過程が楽しい。(50点)

 人間を観察し、そのクセや特徴をつかむ。誰もが他人に抱いているかすかな感情を刺激し、リアリティを持たせつつ笑いに昇華させる。大衆演劇でウケるのは、観客にとって「こんな人いるよね」というような共感を持てるキャラクターで、そのディテールを誇張することで琴線に触れる役者。映画は後に劇作家として歴史に名を残したモリエールが、喜劇とは何かを模索し、実践する決意を実行するまでを描く。豊かな暮らしの中で暇を持て余した人々が走るもの、それはいつの時代でも恋。相手の美しさを称え愛を語るうちに、言葉が洗練されていく過程が楽しい。

この映画の批評を読む »

【おすすめサイト】           

 

Error. Page cannot be displayed. Please contact your service provider for more details. (19)

404 Not Found

Not Found

The requested URL /get/index.php was not found on this server.

Additionally, a 404 Not Found error was encountered while trying to use an ErrorDocument to handle the request.