ベクシル ?2077日本鎖国? - 福本次郎

◆ロボット同士がぶつかり破壊しあう金属の重量感にこだわった圧倒的なサウンドとヴィジュアル。CGだからなしえたメタリックな質感はデジタルの特性を極限にまで引き出し、リアルを超えた未来社会をディテールまで描きこむ。(50点)

 ロボット同士がぶつかり破壊しあう金属の重量感にこだわった圧倒的なサウンドとヴィジュアル。CGだからこそなしえたメタリックな質感はデジタルの特性を極限にまで引き出し、リアルを超えた未来社会をディテールまで描きこむ。しかし、そこに現れるロボットやアンドロイドはハリウッド映画の焼き直しの域を出ておらず、せっかくの表現技術をデザイン力不足ゆえに生かしきれていない。特に東京の街並みは東南アジアのマーケットのよう。活気にあふれてはいるが未来社会という感慨はない。

この映画の批評を読む »

ベクシル ?2077日本鎖国? - 渡まち子

(60点)

 ハイテク鎖国というアイデアが絶妙でおもしろい。「ピンポン」の曽利監督のSFアニメ大作は、技術で世界をリードし国際社会から離脱した日本を、米国特殊部隊の女性ベクシルが訪れ、驚愕の事実を知るストーリー。主人公の声を担当する黒木メイサが拙いのが気になる。特に叫び声が浮きまくりでクライマックスなのに脱力感が訪れた。3Dライブ・アニメの映像が見所で、荒廃した土地を金属のモンスターが爆走する映像が圧巻。

ベクシル ?2077日本鎖国? - 前田有一

こういう意欲作がどんどん増えたらいい(65点)

 かつて『Returner リターナー』(02年、山崎貴監督)と『ピンポン』(02年、曽利文彦監督)をみたとき私は、明らかに世界レベルのエンターテイメントを志向するこの二人の監督が、やがて邦画界を変えてくれるかもしれないと大いに期待した。

この映画の批評を読む »

【おすすめサイト】           

 

Error. Page cannot be displayed. Please contact your service provider for more details. (5)

404 Not Found

Not Found

The requested URL /get/index.php was not found on this server.

Additionally, a 404 Not Found error was encountered while trying to use an ErrorDocument to handle the request.