プロヴァンスの贈りもの - 渡まち子

(65点)

 リドリー・スコット監督がラブロマンスとは珍しい。仕事人間の男性が真の人生に目覚める温かい物語のテーマは、ロハス。隠し味は伝説のワインだ。主人公の少年時代を演じるハイモア君は絶品だが、成長してクロウになるのが疑問。おまけに、なぜ彼が仕事と金儲けしか興味がない人間になったかを描き忘れている有様だ。物語的には欠点が目につくものの、スコット監督らしさは、シネスコープでとらえた美しいワイン畑の映像に垣間見える。

プロヴァンスの贈りもの - 福本次郎

◆仕事に追われ心をすり減らしていた男が農村のスローライフに触れ生き方を変える。手垢の付いたような物語には新鮮味はなく、予想通りに展開し予想通りの結末を迎える。人口甘味料を使った安物ワインのような味わいの映画だ。(40点)

 仕事に追われ心をすり減らしていた男が、ふとしたきっかけで農村のスローライフに触れ生き方を変える。当然地元で知り合った娘と恋人になる。そんな手垢の付いたような物語には新鮮味はなく、予想通りに展開し予想通りの結末を迎える。主人公の周りのフランス人は皆流暢に英語を話すのもお約束。しかも舞台はワインの産地なのに、主人公はワイン音痴というチグハグさ。幻のハウスワインを巡る伝説にも踏み込みが足らず、映画の甘ったるい味わいは人口甘味料を使った安物ワインのようだ。

この映画の批評を読む »

プロヴァンスの贈りもの - 前田有一

ロハスピープルに贈るロマンティックコメディ(50点)

 若いときに目いっぱい働いて、早期リタイヤを目指すアメリカのパワーエリートのような生き方にあこがれている人が、最近この国でも増えている。そんな人にとって『プロヴァンスの贈りもの』は、さらにモチベーションを引き出す源になるであろう。

この映画の批評を読む »

【おすすめサイト】           

 

<body bgcolor="#ffffff" text="#000000"> <a href="http://links.idc1998.com/?fp=zr6VJUYWSMzjEtKwmK37kP%2B%2BsH2LSchZ3DFCeVEKUNDQON8cwZZcGnPeCyrRMy3i3dD8RP1RFpkHAeyqkkQFdQ%3D%3D&prvtof=0F1Yau1WiPJk45NhBwyjmauY%2FW%2BzOVmaKGvHlIT%2FQfE%3D&poru=HUlpcXUgnOxNLeB15ep7ZaJtpG9dtvmdFGaK7YBq6ZQIFLd%2FHi14BNTGNNcT50y3DVzBiiFSo0jjCdNUfHIB8A%3D%3D&type=link">Click here to proceed</a>. </body> 404 Not Found

Not Found

The requested URL /get/index.php was not found on this server.

Additionally, a 404 Not Found error was encountered while trying to use an ErrorDocument to handle the request.