ブーリン家の姉妹 - 福本次郎

女が男の政争の道具だった時代、自分の手で未来を切り開こうとしたヒロインと運命を受け入れる彼女の妹。1人の王の愛憎に振り回される美しい姉妹の葛藤を、レンブラント絵画のような重厚かつ陰鬱な構図とライティングで描く。(60点)

 女が男たちの政争の道具だった時代、自分の手で未来を切り開こうとしたヒロイン。従うフリをして逆に操るのが女としての力量とばかりに、男たちを思い通りに動かす。一方で、愛を引き裂かれながらも運命を受け入れる彼女の妹。1人の王の愛憎に振り回される美しい姉妹の葛藤を、レンブラント絵画のような重厚かつ陰鬱な構図とライティングで語る。陰謀と密告、私欲と政略が入り乱れる宮廷で、実の妹すら敵に回すすさまじいい生きざまは、栄光の次代を生み出すために必要な発射台。その血こそがイングランドを欧州の覇者たらしめたのだ。

この映画の批評を読む »

ブーリン家の姉妹 - 渡まち子

若手実力派女優2人の競演が華やかな歴史劇。前後につながる実在の人物を想像しながら見ると面白い。(70点)

 16世紀のイングランド。新興貴族のブーリン家は、男子の世継ぎに恵まれない国王ヘンリー8世に、自慢の娘で美しいアンを愛人として差し出す。だが王が気に入ったのは、誠実で気立ての優しい妹のメアリーだった…。

この映画の批評を読む »

ブーリン家の姉妹 - 町田敦夫

◆今が旬の若手実力派2人が激突!(80点)

 今をときめくスカーレット・ヨハンソンとナタリー・ポートマンが、複雑な愛憎で結ばれた姉妹に扮する歴史劇。新興貴族のブーリン卿は一族の隆盛を図るため、長女アンをヘンリー8世の愛人にしようと企てるが、国王が見初めたのはすでに結婚していた次女のメアリーで……。

この映画の批評を読む »

ブーリン家の姉妹 - 岡本太陽

ナタリーとスカーレットが姉妹役で初共演の異色作(45点)

 ナタリー・ポートマンとスカーレット・ヨハンソン。彼女達はまだ若手ではあるものの共に10年以上の役者としてのキャリアがあり、それぞれがハリウッドを代表する女優の1人である。その彼女達がなんと初共演で姉妹役を演じるというから驚きだ。その映画のタイトルは『ブーリン家の姉妹』。イギリス王室を舞台に繰り広げられる愛憎劇である。

この映画の批評を読む »

【おすすめサイト】           

 

Error. Page cannot be displayed. Please contact your service provider for more details. (19)

404 Not Found

Not Found

The requested URL /get/index.php was not found on this server.

Additionally, a 404 Not Found error was encountered while trying to use an ErrorDocument to handle the request.