ブラブラバンバン - 福本次郎

音楽が表現しようとする感情についつい流されてしまい、自分を失ってしまうヒロインならばコメディにするしかないはず。しかし映画はひたすら表情の硬い女優を主演にしたせいで、せっかくの素材を笑いにまで昇華できていない。(40点)

 音楽は、好きなように感じたままに演奏する。自由に発想し、自分の中の想像力を最大に生かして楽譜を解釈することの大切さを訴える。しかし、音楽が表現しようとする感情についつい流されてしまい、自分を失ってしまうヒロインならばコメディにするしかないはず。それがエロティックなメロディならば性的興奮を抑えきれないとなればなおさらだ。映画はひたすら表情の硬い女優を主演にしたせいでせっかくの素材を笑いにまで昇華しておらず、結果としてカタルシスを得るまでには至らなかった。

この映画の批評を読む »

ブラブラバンバン - 渡まち子

人気漫画が原作の風変わりな青春音楽映画。(35点)

 人気漫画が原作の風変わりな青春音楽映画。いい音楽を聞くとエロモードになるヒロインを中心に、弱小吹奏楽部がブラバンの甲子園に挑む。キャラが全く立っておらず、エッチに暴走する設定も中途半端。音楽に対する敬意も皆無で、ブラスバンドの演奏はいつ上手くなったの?と突っ込む気持ちも失せる。ただシンガーの安良城紅は演技はまるでダメなのに妙な存在感があって気になった。もっとぶっ飛んだ作品で映画に再挑戦してほしい。

ブラブラバンバン - 前田有一

安良城紅が、音楽に発情する女子高生を好演(55点)

 『ブラブラバンバン』は、(俳優でなく)歌手の安良城紅(あらしろべに)を主演に起用したことで、異様な迫力を持つ音楽映画になった。

この映画の批評を読む »

【おすすめサイト】           

 

Error. Page cannot be displayed. Please contact your service provider for more details. (13)

404 Not Found

Not Found

The requested URL /get/index.php was not found on this server.

Additionally, a 404 Not Found error was encountered while trying to use an ErrorDocument to handle the request.