ブラック・ウォーター - 渡まち子

人の腕を小道具にする暴挙には絶句した(60点)

ブラック・ウォーター

© Australian Film Commission and Black Water Films Pty Ltd 2007

 オーストラリアには独特の可愛い動物がいて楽園というイメージがあるが、人間が自然をナメてかかると手痛いしっぺ返しをクラうという警告のような物語である。実話がベースの動物パニック・ムービーのストーリーは、いたってシンプルだ。北オーストラリアに旅行に出かけた男女3人は、釣り場を求めて訪れた川の奥の沼地で、何かに激突され船が転覆してしまい、水中に放り出される。凶暴なワニの仕業と知り、あわててマングローブの木によじ登って避難するが、逃げ場はなく絶対絶命の状況に陥ってしまう。

この映画の批評を読む »

ブラック・ウォーター - 前田有一

ワニ川に取り残された一家の悲劇(60点)

ブラック・ウォーター

© Australian Film Commission and Black Water Films Pty Ltd 2007

 外洋でダイビングを楽しんで水上に出たら、船がいなくなっておりました。で知られる『オープン・ウォーター』シリーズは、しゃれにならない実話ものとしてそこそこの成功を収めたが、本作もその系統の実話もの。今回犠牲になるあわれな3人は、世にも恐ろしい、ワニだらけの水泳大会を体験することになる。

この映画の批評を読む »

ブラック・ウォーター - 佐々木貴之

◆簡単に侮ることができないような作風(70点)

 二週間の休暇を利用してオーストラリア北部へ赴いたリー(メーヴ・ダーモディ)と姉グレース(ダイアナ・グレン)とその彼氏アダム(アンディー・ロドレーダ)の三人は、川釣りツアーに参加し、ガイドのジムを加えた四人はボートに乗って良い釣り場を求めて上流へ上がっていく。ボートがマングローブの沼地に入ったとき、何かが直撃してボートは転覆し、四人は川の中に突っ込んでしまう。グレースとアダムは水の中からマングローブの木へと這い上がるが、リーとジムの姿が不明状態になる。そこで二人が目の当たりにしたのは、大きなワニであるクロコダイルであった。リーは何とかひっくり返ったボートに上がり、グレースとアダムがいるマングローブの木へ辿り着くのだが……。

この映画の批評を読む »

ブラック・ウォーター - 小梶勝男

◆ワニがあくまでも、普通のワニであるところがいい(66点)

 巨大なワニが人を襲うというと、「アリゲーター」や「クロコダイル」を思い出す。ホラーファンならトビー・フーパーの「悪魔の沼」も浮かぶかも知れない。「U.M.A/レイク・プラシッド」も、UMA(未確認動物)といいながら、実際には巨大ワニの映画だった。

この映画の批評を読む »

【おすすめサイト】           

 

Error. Page cannot be displayed. Please contact your service provider for more details. (25)

404 Not Found

Not Found

The requested URL /get/index.php was not found on this server.

Additionally, a 404 Not Found error was encountered while trying to use an ErrorDocument to handle the request.