フライボーイズ - 渡まち子

(65点)

 国や名誉のために戦う意義が見出せた第一次世界大戦を背景にした、大らかな戦争映画だ。志願兵として仏軍に参加した米国の若きパイロットたちが主人公。騎士道にも通じる敵への敬意や、互いの顔が見える距離感は、のんびり感を醸し出すが、実際には兵士の生存率は非常に低かった。仏娘とのロマンスは中途半端だが、CGを駆使した空中戦は大迫力。ただし反戦の志は全くなく、なぜ今作るのか?との疑問はぬぐえない。

フライボーイズ - 福本次郎

◆大空への憧れが若者を駆り立て、まるでスリルを楽しむかのように飛び立っていく。そこに悲壮感はなく英雄となることを信じているかのよう。国のため、大儀のために命がけで戦うことに意義が見出せた時代の雰囲気がよく出ている。(50点)

 大空への憧れと自由に飛翔する喜びが若者を駆り立て、まるでスリルを楽しむかのように飛び立っていく。そこに悲壮感はなく、たとえ戦死しても英雄として人々の記憶に残ることを信じている。戦争とそれに参加した主人公を描いているのに、殺し合いの無益さや悲惨さ、たとえ生き残っても心に傷を負うなどという反戦の意識は微塵もないところがかえって潔い。国のため、大儀のために命がけで戦うことに意義が見出せた時代の雰囲気がよく出ている。

この映画の批評を読む »

フライボーイズ - 前田有一

往年のヒコーキ映画の魅力を、最新の映像技術で(80点)

 第一次世界大戦のころ、かたくなに中立を守っていたアメリカ合衆国の中に、様々な理由でフランス軍に参加した若者たちがいた。彼ら義勇軍の中には、当時まだ発明されたばかりの航空機のパイロットとなったものもおり、ラファイエット飛行隊と呼ばれ活躍した。

この映画の批評を読む »

【おすすめサイト】           

 

Idc1998.com
This domain has recently been listed in the marketplace. Please click here to inquire.
404 Not Found

Not Found

The requested URL /get/index.php was not found on this server.

Additionally, a 404 Not Found error was encountered while trying to use an ErrorDocument to handle the request.