ファイナル・デッドサーキット 3D - 福本次郎

釘、タイヤ、木切れ、鉄板、小石etc.スクリーンから猛スピードで弾ける飛翔物は無意識に身をかがめてよけてしまうほど。血しぶきと肉片・内蔵が飛び散る場面は悪趣味極だが、その立体感は次の犠牲者の最期が楽しみになる。(60点)

ファイナル・デッドサーキット 3D

© MMV New Line Productions, Inc. All Rights Reserved.

 釘、タイヤ、木切れ、鉄板、小石etc.スクリーンから猛スピードで弾けだす飛翔物は無意識に身をかがめてよけてしまうほど。カーレース場での大惨事から日常生活に潜んでいる何気ない違和感まで、ディテールにこだわった死神の悪意はあらゆる場所に宿り、モノに働きかけていく。ねじの緩みやオイル漏れ、不安定なレバーなど、小物を動かしてじわじわと登場人物に危険が迫っていることを予告し、予想通りに死ぬこともあれば意表をついた絶命もある。血しぶきと肉片・内蔵が飛び散る場面は悪趣味極まりないが、その3D映画の特性を生かした立体感からあふれるリアリティは、次の犠牲者の最期が楽しみになってくる。

この映画の批評を読む »

ファイナル・デッドサーキット 3D - 渡まち子

相変わらずグロテスクな描写が満載(50点)

ファイナル・デッドサーキット 3D

© MMV New Line Productions, Inc. All Rights Reserved.

 創意工夫に満ちたショックシーンとどこかコミカルな味を売りにした「ファイナル・デスティネーション」シリーズの第4弾の発端は古びたサーキット場だ。ニックは友人たちと訪れたサーキットでクラッシュ事故による大参事の予知夢を見てしまう。間一髪で助かった彼らだったが“死の運命”は彼らを見逃してはくれず、生き残った者たちは次々に悲惨な事故死を遂げる。

この映画の批評を読む »

ファイナル・デッドサーキット 3D - 佐々木貴之

◆悪趣味らしさが高まったどころかB級レベルもアップしてしまった(80点)

 死の運命に翻弄された挙句にショッキングな死を遂げてしまう若者たちの姿を描いた人気ホラーのシリーズ第四弾。しかも、今回は現在流行中のデジタル3Dバージョン。監督は、第二弾『デッドコースター』を手懸けたデヴィッド・R・エリスが登板。

この映画の批評を読む »

ファイナル・デッドサーキット 3D - 前田有一

リアルな人間破壊シーンを最新デジタル3Dで(55点)

ファイナル・デッドサーキット 3D

© MMV New Line Productions, Inc. All Rights Reserved.

 『ファイナル・デッドサーキット 3D』のメインイメージをみて、私は思わず噴き出した。エスカレーターの上で絶叫しているカップルの写真なのだが、なぜか「手すり」がない。一体全体なにがおきればこんな状況になるのか。これはさぞぶっ飛んだ「死に様」を見られるぞと、期待を高め試写室へと向かった。

この映画の批評を読む »

ファイナル・デッドサーキット 3D - 小梶勝男

◆ファイナル・デスティネーション・シリーズ第4弾。サーキット場での事故をデジタル3Dで描く。アトラクション・ムービーとしては最高に楽しめた(80点)

 大事故で死ぬはずだった人々が、「死の運命」に襲われるファイナル・デスティネーション・シリーズの第4弾。飛行機事故、ハイウエイでの事故、ジェットコースターの事故に続き、今度はレース場での事故を、デジタル3Dで描く。監督は2作目と同じデヴィッド・R・エリス。

この映画の批評を読む »

【おすすめサイト】           

 

Error. Page cannot be displayed. Please contact your service provider for more details. (32)

404 Not Found

Not Found

The requested URL /get/index.php was not found on this server.

Additionally, a 404 Not Found error was encountered while trying to use an ErrorDocument to handle the request.