ヒーローショー - 福本次郎

◆お笑い芸人を目指していたのに、周囲に流される主人公が殺人事件に巻き込まれる中で、少しだけ成長していく過程がもどかしくも共感を呼ぶ。真剣に生きるというのは、みっともなくても汗を流して働く態度であることを学んでいく。(50点)

 何をやっても中途半端な青年が、命の危険にさらされたときに初めて決然とする。それは人生と真摯に対峙すること。お笑い芸人を目指していたはずなのに、周囲に流されてしまい、その一方で新しい道に進むのは不安で仕方がない。そんな主人公が殺人事件に巻き込まれる中で、少しだけ成長していく過程がもどかしくも共感を呼ぶ。一種のストックホルム症候群の中で、彼は真剣に生きるのはみっともなくても汗を流して働き、愛する者のために闘うことをいとわない態度であると学んでいく。

この映画の批評を読む »

ヒーローショー - 渡まち子

◆暴力的な青春映画を得意とする井筒和幸監督だが、そのまなざしの中には、社会の底辺で生きていくであろう若者たちへのエールが込められている(55点)

 人気お笑いコンビのジャルジャルがダブル主演と聞くとコメディを連想するが、本作は出口の見えない鬱屈した日々の中で巻き起こる暴力のスパイラルを描く青春バイオレンスだ。アルバイトでヒーローショーの悪役を務めるユウキは、実力も努力も中途半端な専門学校生。一方、元自衛官で配管工の勇気(ユウキ)は、昔はワルで通っていたが、今は年上の恋人と暮らすために地道に働いている。そんな2人が、不良たちの抗争に巻き込まれ偶然に出会うが、暴走する若者たちの暴力行為は取り返しのつかない犯罪に発展してしまう…。

この映画の批評を読む »

【おすすめサイト】           

 

Error. Page cannot be displayed. Please contact your service provider for more details. (32)

404 Not Found

Not Found

The requested URL /get/index.php was not found on this server.

Additionally, a 404 Not Found error was encountered while trying to use an ErrorDocument to handle the request.