パーフェクト・ゲッタウェイ - 福本次郎

◆南の島にやってきたカップルが猟奇殺人のニュースを聞いて、襲われるのではと疑心暗鬼になっていく。出会う人々がみな凶悪に見え些細なことに過剰反応する、そんな不安にさいなまれる心理描写は追い込まれるような緊張感だ。(40点)

 緑だけでなくオレンジ色も濃い深い自然が残る南の島。そこに新婚旅行にやってきたカップルが猟奇殺人のニュースを聞いて、自分たちも襲われるのではないかと疑心暗鬼になっていく。出会う人々がみな凶悪に見え些細なことに過剰反応する、そんな不安にさいなまれる心理描写はじわじわと追い込まれるような緊張感。そして、いきなり転調し、見る者の予想を覆すためだけに考えられた仕掛けには、思わずイスからずり落ちそうな衝撃を受ける。

この映画の批評を読む »

パーフェクト・ゲッタウェイ - 渡まち子

◆意外にも楽しめるサスペンスで退屈しない(55点)

 美しいリゾート地と恐ろしい殺人鬼の対比が、犯人探しの意外性とマッチするサスペンス・アクションだ。ハネムーンでハワイを訪れたクリフとシドニーの二人は、カウアイ島の美しい秘境を目指してトレッキングを楽しんでいた。「オアフ島で新婚カップルが殺害され、男女二人組の犯人がカウアイ島に渡った」というニュースを知った直後、ニックとジーナ、ケイルとクレオという二組のカップルと出会う。クリフたちは疑心暗鬼になるが…。

この映画の批評を読む »

パーフェクト・ゲッタウェイ - 佐々木貴之

◆サスペンス・スリラーならではの薄気味悪さ(75点)

 新婚旅行でハワイにやって来たクリフ(スティーヴ・ザーン)とシドニー(ミラ・ジョヴォヴィッチ)。二人はトレッキングで美しいビーチを目指そうとする。だが、この辺でカップル殺人事件の犯人が潜んでいることを知る。その後、ニック(ティモシー・オリファント)とジーナ(キエレ・サンチェス)のカップルと出会い、一緒に行動する。クリフとシドニーはこの二人の前に出会ったケイル(クリス・ヘムズワース)とクレオ(マーリー・シェルトン)のカップルを疑い始めるが、その後はニックとジーナをも疑い始めるが……。

この映画の批評を読む »

パーフェクト・ゲッタウェイ - 前田有一

◆2度目も楽しめる、よくできたミステリ(75点)

 先日、ある人と「ポリティカル・サスペンス」の話をしていたら、なぜか会話が食い違う。どうもおかしいなと思い確認してみたら、その人は「トロピカル・サスペンス」だと思っていたらしい。

この映画の批評を読む »

パーフェクト・ゲッタウェイ - 小梶勝男

◆ハワイを舞台にしたミラ・ジョヴォヴィッチ主演のサスペンス・アクション。ウソが本当に、本当がウソになる逆転が見事(72点)

 この映画に関しては、何を書いてもネタバレしてしまいそうだ。一部に熱狂的なファンがいる「ピッチブラック」のデヴィッド・トゥーヒー監督らしい、凝ったストーリーには感心させられた。

この映画の批評を読む »

パーフェクト・ゲッタウェイ - 岡本太陽

◆月並を想像してたら大間違いのハワイが舞台の極上スリラー(75点)

 新婚旅行と言えばやっぱりハワイ。ここ10年程で、日本人のそんなステレオタイプな概念もだいぶ変わってきたが、やっぱりハワイは強い。それはアメリカ人にとっても同じ事。ハワイの透き通った青い海と緑の生い茂るジャングルは世界中の人を虜にしている。映画『パーフェクト・ゲッタウェイ』では新婚ホヤホヤの若いカップルが日常を忘れて南の島で思いっきり解放されるはずが、ある殺人事件に巻き込まれしまう。この映画はスリラーだが、ブラジルに旅行に行った若者達が酷い目に遭ってしまう『ブラッド・パラダイス』の様な悪質な映画を想像していると大間違い、良質な映画不作のこの夏、本作は夏らしく気楽に観れて満足感を得る事の出来るなかなか貴重な作品なのだ。

この映画の批評を読む »

【おすすめサイト】           

 

Idc1998.com
This domain has recently been listed in the marketplace. Please click here to inquire.
404 Not Found

Not Found

The requested URL /get/index.php was not found on this server.

Additionally, a 404 Not Found error was encountered while trying to use an ErrorDocument to handle the request.