パッセンジャーズ - 前田有一

墜落事故生存者の証言が食い違う?!(80点)

パッセンジャーズ

© 2008 PASSENGERS PRODUCTIONS,LLC.ALL RIGHTS RESERVED

 この映画は、飛行機墜落事故の現場から始まるが、そのセットのリアルさはなかなかである。カナダの浜辺で撮影したというが、航空機の残骸が燃え盛るのを見つけた近所の住民は、半狂乱になって警察に通報したという。たしかに散歩中にこんなものに出くわしたら、間違いなく腰を抜かすだろう。

この映画の批評を読む »

パッセンジャーズ - 福本次郎

寒々とした映像はどこか現実感に乏しく、ヒロインが体験するさまざまな事件も奇妙な感覚に包まれている。映画はあくまで謎が謎を呼ぶような構成。立ち位置が不安定なまま直感を信じて突っ走る彼女の知覚がリアルに再現される。(50点)

パッセンジャーズ

© 2008 PASSENGERS PRODUCTIONS,LLC.ALL RIGHTS RESERVED

 暖色を廃した寒々とした映像はどこか現実感に乏しく、ヒロインが体験するさまざまな事件も奇妙な感覚に包まれている。他の登場人物にも一貫性がなく、笑顔の下に一物を抱えていそうだ。彼女はいったいどこにいて、何を探しているのか。航空機墜落事故の生存者の心のケアを担当することになった若い女医が、聞き取り調査をしていくうちに真相に近づいていく。その過程はあくまでミステリアスで、謎が謎を呼ぶような構成。立ち位置が不安定なまま己の直感を信じて突っ走る彼女の知覚がリアルに再現される。

この映画の批評を読む »

パッセンジャーズ - 渡まち子

この謎のオチは、もはや見慣れたもの(55点)

パッセンジャーズ

© 2008 PASSENGERS PRODUCTIONS,LLC.ALL RIGHTS RESERVED

 この謎のオチは、もはや見慣れたもの。それでもホラーにも企業陰謀説にもなる素材を、最終的に人間ドラマ風に仕上げたのが、ロドリゴ・ガルシア監督らしい。セラピストのクレアは、大惨事の飛行機事故の生存者のカウンセリングを担当することに。食い違う証言にクレアは真相を暴こうとするが、不可思議な出来事が続発する。明るいコメディエンヌのイメージのアン・ハサウェイだが、本作ではシリアスで高い演技力を見せている。このテの作品は謎をどう引っ張るかがポイントだが、ミステリアスな雰囲気にこだわりすぎている気もする。クレアがエリックに惹かれる理由から真相に迫る展開も必要だったのでは。ただ見終わった後に温かい気持ちが残るのはいい。

パッセンジャーズ - 山口拓朗

◆ミステリーの動機づけにはもう少し丁寧さと説得力がほしかった(55点)

 ある日、飛行機の墜落事故が起きた。奇跡的に生き残った男女5人の乗客は、女性セラピストのクレア(アン・ハサウェイ)のカウンセリングを受けることに。ところが、5人の生存者は次々と姿を消していく。不審に思ったクレアは事故の真相を探り始めるが……。

この映画の批評を読む »

【おすすめサイト】           

 

Error. Page cannot be displayed. Please contact your service provider for more details. (31)

404 Not Found

Not Found

The requested URL /get/index.php was not found on this server.

Additionally, a 404 Not Found error was encountered while trying to use an ErrorDocument to handle the request.